資格・専門雑学

3分でわかる免許AT車とMT車の違い!メリット・デメリットや費用の違いなどを雑学好きライターが詳しくわかりやすく解説

この記事では、AT車とMT車の免許の違いについてみていきます。どちらも免許取得の際に選択する内容で、運転の難易度が違うイメージがあるよな。違いはずばり運転方法のようですが、メリット・デメリット・費用が違うなど調べてみるといろいろあるみたいです。
今回はそんな免許取得に欠かせない運転方法の違いを、定義から確認しつつ、雑学好きライターの熊家と一緒に解説していきます。

ライター/熊家

現在ライターとして、さまざまな分野で活動している。文学や歴史などのジャンルが得意で、これまで多くの記事を執筆してきた。この経験を生かし文学や歴史、雑学などの知識を分かりやすく解説していく。

ざっくり免許AT車とMT車の違いは?

image by iStockphoto

免許を取得するには、まずAT車かMT車か選択しなければなりません。免許を持っていない人には、何のことか分からないでしょう。今回の記事では、AT車とMT車の違いを紹介します。これから免許の取得を検討している方は、参考にしていただける内容です。

AT車:オートマチックトランスミッション

AT車は、オートマチックトランスミッションの略です。1~4速のギアがあり、複雑な操作は不要になります。近年は免許取得の際、AT車を取得される方がほとんどです。そのため、日本の車はAT車が多く造られています。

MT車:マニュアルトランスミッション

MT車は、マニュアルトランスミッションの略です。スポーツカーのような、スマートな車が多く造られています。ドライバーがギアを選択しながら走るので、より運転していることを実感できるでしょう。車を好きな方が、よく持っている免許です。

特徴1:メリットは?

image by iStockphoto

AT車とMT車のざっくりとした違いは分かりましたが、それぞれどのようなメリットがあるのでしょうか。この章では、双方のメリットを紹介します。自分にあった免許はどちらか、知りたいという方は参考にしていただける内容です。

AT車:発進・停止が簡単

AT車は発進・停止が簡単にできます。ギアチェンジの必要がなく、クラッチ操作が不要です。前の車が発進・減速・停車を繰り返しても、その度にシフト操作やクラッチペダルを操作する必要はありません。このことから、安心して運転ができます。

\次のページで「MT車:ドライバー自身の操作で運転を楽しめる」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: