理科生態系生物

中間宿主って何者?定義や中間宿主を介する寄生虫について生オリメダリストが解説

よぉ、桜木建二だ。今回は「中間宿主」について見ていくぞ。
他の生物から栄養分などを搾取する動物を寄生虫と呼ぶのは多くの方がご存じだと思うが、その生態について詳しく調べたことはあるだろうか。一部の寄生虫は一つの宿主だけではなく、二つ以上の宿主を行き来して繁殖する種類もいる。その場合、宿主は「中間宿主」と「終宿主」に分類できるんだ。
今回はこのうちの「中間宿主」について詳しく見ていくぞ。説明してくれるのは生物学オリンピックメダリストのNoctilucaだ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字
yu_nagi5698

ライター/Noctiluca

高校時代に生物学の面白さに気づき、のちに国際生物学オリンピックで金メダルを受賞。現在は自分の「好き」を突き詰めるため、医学生として勉強中。

ID: ↑パーツ内本文:69文字

中間宿主の前に…寄生虫の生態について

中間宿主について見ていく前に、寄生虫の簡単な特徴を見ていきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:34文字

寄生虫とは栄養やサービスを他の生物から持続的に搾取する動物の事

寄生虫(寄生動物とも)は宿主と呼ばれる別の動物の体表や体内に住み込み、その動物が摂取した栄養分などを一方的に奪って生活する動物のことを言います。

寄生者が宿主の体表にいるものを「外部寄生」、宿主の体内にいるものは「内部寄生」。さらに寄生者が細胞の中にいるものは「細胞内寄生」などと呼んで区別することができます。

ID: ↑パーツ内本文:156文字

宿主への影響

CSIRO ScienceImage 2357 Spotted alfalfa aphid being attacked by parasitic wasp.jpg
By CSIRO, CC BY 3.0, Link

寄生動物は多くの場合、栄養分を一方的に奪うだけで宿主を死に至らしめることは少ないです。これは宿主が死んでしまうと寄生虫自身にも不利益が及んでしまうからですね。世代を経るごとに寄生虫が宿主に与える被害は少なくなっていく傾向が見られるのです。

ですが一部の動物では、幼虫の成長の過程で宿主を殺してしまう寄生動物も存在します。例えば寄生バチというハチの種類では、宿主(ほかの昆虫の幼虫など)に卵を産み付け、卵から孵った幼虫は宿主の体組織を食べて成長。最終的に幼虫が宿主を食い尽くしてしまうことが多く、このような寄生の形態を「捕食寄生」と呼びます。

ID: ↑パーツ内本文:271文字

多くの寄生生物はいくつかの宿主を行き来する

多くの場合寄生虫は一種類の宿主だけにはとどまらず、複数の動物に寄生できる能力を持ちます。これによって繫殖の機会が増えるのはもちろん、多様性を増やす意味も持ちますね。

ID: ↑パーツ内本文:82文字

中間宿主の定義は?

寄生虫の大まかな特徴を学んだところで、今回のテーマの中間宿主について見ていきます。

ID: ↑パーツ内本文:41文字
次のページを読む
1 2 3
Share:
yu_nagi5698