理科生き物・植物生物生物の分類・進化

「自然淘汰」とは何?使わないものはなくなる?遺伝のメカニズム・具体例・「性淘汰」との違いも含めて現役の研究者がわかりやすく解説!

よぉ、桜木建二だ。今日は「自然淘汰」について見ていこう。自然淘汰は生存のために必要なものは残り、要らないものは排除される現象だ。大学で生物学を学び、現在も生物学に精通した研究者として活躍するライターポスドクランナーと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ポスドクランナー

大学で生物学を学び、現在も研究者として活動を続け多くの研究成果を出すべく日々奮闘している。

自然淘汰とは何かザックリと解説

Darwin's finches.jpeg
John Gould (14.Sep.1804 – 3.Feb.1881) – From “Voyage of the Beagle” as found on [1] and [2], パブリック・ドメイン, リンクによる

自然淘汰とは、生物が生存に有利な形質を進化させる現象を言います

自然淘汰では生態的条件や環境などによりよく適応できるものは生存を続け、そうでない劣勢のものは自然に滅びていくと考えられています。言い換えると生存するにあたって劣悪なもの、不要なものはなくなり、優良なもの、役に立つものだけが自然に残るということです。自然淘汰によって選別された生物が、環境に適した生態、形態を有することを適応と言います。なぜこのようなことが起こるかと言うと、生き物の生育環境には限りがあるからです。自然環境が生き物を形質(特徴)によって篩い分けをしているので、自然選択とも言います。

自然淘汰に影響を与える選択圧ってなに?

選択圧とは生存に影響を与える自然環境の力のことです。

生物は常に様々な選択圧に晒されていますが、生息する環境が異なれば異なる選択圧を受けます。また、一つの性質に対して複数の選択圧が働くこともあるのです。

例として砂漠に住む生き物を挙げると、体の色を砂漠の色と同じにすることで保護色になり外敵から見つかりにくくなります。また、夜行性になることで暑い日中に行動しなくてよくなるのです。このように環境に適応することで生き物はその環境で生存しやすくなります。

自然淘汰は誰が発見したの?

Charles Darwin.jpg
Maull&Polyblank – Likely from [1] John van Wyhe describes it as being taken around 1855 by Maull and Polyblank for the Literary and Scientific Portrait Club, about a year after Darwin completed his barnacle monographs and began working full-time on his species theory. On 27 May 1855 Darwin wrote to his friend Joseph Hooker about this portrait: “if I really have as bad an expression, as my photograph gives me, how I can have one single friend is surprising.”, パブリック・ドメイン, リンクによる

自然淘汰を体系化したのはチャールズ・ダーウィンとアルフレッド・ウォレスです

ダーウィンはロンドンでハトの品種改良の観察から、ハトの様々な品種が多様な形質を持つことに気づきました。生物は限られた資源を生存のために争うことから、「生物の形質には生存と繁殖に何らかの有利な差がある。」と考えました。これを体系化して発表されたのが自然選択説(自然淘汰説)です。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

自然淘汰によって生き物は必要な形質を残し、不要な形質を排除しているんだな。

次では自然淘汰の具体例を見ていこう!

自然淘汰の具体例を紹介

自然淘汰は生育環境に対応するために生き物がとる生存戦略です。そのため、様々な生物で進化や世代を重ねていくごとに獲得したものや、失われたものがあります。

\次のページで「具体例1:キリン」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: