ビジネス雑学

3分でわかる生かすと活かすの違い!意味や使い方・類義語の違いなどを雑学好きライターが詳しく解説

よぉ、桜木建二だ。この記事では「生かす」と「活かす」の違いについてみていくぞ。どちらも同じ読み方で、似た意味を持つ用語のイメージがあるよな。違いはずばり「関連するもの」のようだが、意味・使い方・類義語が違うなど調べてみるといろいろあるみたいだ。
今回はそんな文章作成に欠かせない単語の違いを、定義から確認しつつ、雑学好きライターの熊家と一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/熊家

現在ライターとして、さまざまな分野で活動している。文学や歴史などのジャンルが得意で、これまで多くの記事を執筆してきた。この経験を生かし文学や歴史、雑学などの知識を分かりやすく解説していく。

ざっくり生かすと活かすの違いは?

image by iStockphoto

文章を作成するときに、一度は「生かす」と「活かす」のどちらを使うか、迷ったことがあるのではないでしょうか。今回の記事では、「生かす」と「活かす」の違いを紹介します。違いを知ることで、今後どちらを使うか迷うことは少なくなるでしょう。はじめにざっくり違いを見ていきます。

生かす:生存させる

「生かす」とは「生存させる」という意味で、命に関連する場面で使われます。その他の意味は、「命を生きながらえさせる」や「死なないようにする」です。「生かす」は常用漢字なので、新聞のような公的文章で使われます。

活かす:発揮させる

「活」という文字は活躍という意味がありますが、その繋がりから「活かす」は「活躍させる」や「発揮させる」という意味を持ちます。さらに、「利用する」や「活用する」と言い換えることが可能です。また、常用漢字ではないので、公的文書では使われません。

特徴1:意味の違いは?

image by iStockphoto

ざっくり違いが分かりましたので、ここからは深く掘り下げていきましょう。同じ読み方をしますが、意味はどのような違いがあるのでしょうか。この章では、「生かす」と「活かす」の意味の違いを紹介します。決定的な違いが分かりますよ。

生かす:生命活動を続けさせる

「生かす」は、生命活動を続けさせるという意味です。この「生」の文字は、生命という意味を強く持っています。「死」に近い状態から「生」に変わる場合に、よく使われる言葉です。また、「生かす」は「殺す」の対義語になります。

次のページを読む
1 2 3
Share: