趣味雑学

3分でわかる4DXとMX4Dの違い!座席の動きや環境表現・料金の違いなどを雑学好きライターが詳しくわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。この記事では4DXとMX4Dの違いについてみていくぞ。どちらも新感覚な映画の楽しみ方で、さまざまな技術が詰め込まれているイメージがあるよな。違いはずばり演出の方向性のようだが、座席の動き・環境表現・料金が違うなど調べてみるといろいろ機能の違いがあるみたいだ。
今回はそんな映画鑑賞に欠かせない上映方法の違いを、定義から確認しつつ、雑学好きライターの熊家と一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/熊家

現在ライターとして、さまざまな分野で活動している。文学や歴史などのジャンルが得意で、これまで多くの記事を執筆してきた。この経験を生かし文学や歴史、雑学などの知識を分かりやすく解説していく。

ざっくり4DXとMX4Dの違いは?

image by iStockphoto

新感覚の映画の楽しみ方ということで、最近は4DXとMX4Dの映画が流行っています。シアター自体が、アトラクションのような仕組みです。まだ体感したことが無い方は、双方の違いは分からないでしょう。今回の記事では、4DXとMX4Dの違いを紹介します。はじめにざっくり違いを見ていきましょう。

4DX:微細な演出

4DXは韓国の会社『CJ4 DPLEX』で開発された製品で、微細な演出が特徴的です。自然環境にこだわりがあり、雪・熱風・嵐などの表現にリアリティがあります。また、スクリーンが通常の映画よりも大きいので、映画の世界に入っているかのような感覚を楽しめるでしょう。

MX4D:臨場感溢れる演出

MX4Dはアメリカの会社『メディアモーション』で開発された製品で、臨場感溢れる演出が特徴的です。座席シートにこだわりがあり、座席の突き上げや首周りの刺激など、バリエーションが豊富にあります。他にも、風・ミスト・香り・ストロボといった連動も特徴的です。

特徴1:座席の動き方の違いは?

image by iStockphoto

ざっくりと4DXとMX4Dについて分かりましたが、座席はどのような動きをするのでしょうか。この章では、双方の座席の動きについて紹介します。どちらの座席が自分に合うのかが分かりますよ。詳しく見ていきましょう。

4DX:リアリティがある

4DXの座席は、リアリティのある動きを楽しめます。座席は1人かけの椅子で、モーションシートです。前後・上下・左右に動くと同時に、振動も加わります。そのため、映像の動きとそっくりの動きが再現可能です。カーチェイスや空を飛んでいる映像のときは、同じ行動をしているような感覚を楽しめます。

\次のページで「MX4D:迫力がある」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: