ビジネス雑学

3分でわかるエントリーシートと履歴書の違い!書き方や大切なポイント・気をつけるポイントの違いなどなどを雑学好きライターが詳しく解説

よぉ、桜木建二だ。この記事ではエントリーシートと履歴書の違いについてみていくぞ。どちらも就活の際に使用され、個人について伝える書類というイメージがあるよな。違いはずばり用途の違いのようだが、書き方・大切なポイント・気をつけるポイントが違うなど調べてみるといろいろあるみたいだ。
今回はそんな就活に欠かせない書類の違いを、定義から確認しつつ、雑学好きライターの熊家と一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/熊家

現在ライターとして、さまざまな分野で活動している。文学や歴史などのジャンルが得意で、これまで多くの記事を執筆してきた。この経験を生かし文学や歴史、雑学などの知識を分かりやすく解説していく。

ざっくりエントリーシートと履歴書の違いは?

image by iStockphoto

就活する際に、エントリーシートと履歴書に迷う方は少なくないでしょう。今回の記事では、エントリーシートと履歴書の違いを紹介します。違いが分かるとどちらの書類も作成しやすくなり、選考に通過しやすい書類が書けるでしょう。

エントリーシート:人柄をアピール

エントリーシートは、自分の人柄をアピールする書類です。企業に提出する書類で、選考のファーストステップとして使われます。企業によってアピール方法は写真・絵・図など、エントリーシートの仕様はさまざまです。

履歴書:個人情報・経歴・スキルを伝える

履歴書は、個人情報・経歴・スキルを伝える書類です。具体的には氏名・年齢などの個人情報や、学業・職業といった経歴があげられます。ほかにも資格やスキル、特技などの記述も必要です。エントリーシートは選考時のみの活用ですが、履歴書は入社後に人事で個人データとして保存されます。

特徴1:書き方の違いは?

image by iStockphoto

ざっくりとエントリーシートと履歴書の違いが分かりましたが、どのような書き方をするのでしょうか。この章では、エントリーシートと履歴書の書き方の違いを紹介します。どのように書いたら良いのか、書き方のコツは何かが分かりますよ。

エントリーシート:自己アピール・質問回答などを書く

エントリーシートには、自己アピール・質問回答などを書きます。そのためには、まず自分を知ることが大切です。自分を知らなければ、アピールポイントや入社希望の会社で、どのような活躍ができるのか見つけられないでしょう。

次のページを読む
1 2 3
Share: