タンパク質と生物体の機能理科生き物・植物生物

体にとって重要な酵素である「転移酵素」ってどんな酵素?どんなものが含まれるの?現役の研究者がわかりやすく解説!

具体例2:加水分解酵素について解説

加水分解酵素は加水分解反応を触媒する酵素です。主には基質と水を反応させて、基質を分解します。消化酵素の多くは加水分解酵素です。

例えば、エステラーゼはエステル結合を、グリコシダーゼはグリコシド結合を、ペプチダーゼはペプチド結合を加水分解する反応を触媒します。

酵素を浪費しないような生活を送って健康に暮らそう!

体の中には約5000種類もの酵素があり、その機能は様々です。残念ながら、体内で作られる酵素の量には上限があります。消化酵素(主に加水分解酵素)は暴飲暴食によって減少し、不足すると病気になったり寿命が短くなったりする原因になると言われていますが、転移酵素も同じです。そのため、健康に生活してくために酵素を多く含む食物を取ったり、酵素を浪費しない生活を心がけましょう!

1 2 3
Share: