理科生物生物の分類・進化

サザエもカタツムリもナメクジも?腹足類とはどんなグループ?現役講師がざっくりわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。今回は「腹足類」をテーマに学習を進めていこう。

腹足類は、生物のグループの一つだ。軟体動物に含まれるグループだが、どんな生物がいるか、具体的なイメージは沸くだろうか?腹足類の具体例や特徴など、この記事でサクッと確認していこう。

大学で生物学を学び、現在は講師としても活動しているオノヅカユウに解説してもらおう。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/小野塚ユウ

生物学を中心に幅広く講義をする理系現役講師。大学時代の長い研究生活で得た知識をもとに日々奮闘中。「楽しくわかりやすい科学の授業」が目標。

腹足類とは

腹足類(ふくそくるい)または腹足綱(ふくそくこう)は、軟体動物にふくまれるグループのひとつです。お腹の前面を地面につけ、はうように進む生物がまとめられたグループであるため、このような名前になりました。

スソムラサキダカラ
パブリック・ドメイン, リンク

腹足類は英語でgastropods。”腹足綱”という分類群の名称はGastropodaといいます。gastroは”腹”、podは”足”を意味するので、日本語と同じようなつくりの単語ですね。

のちほど詳しくご紹介していきますが、巻貝のなかまが代表的な存在です。カタツムリなんかはイメージしやすいのではないでしょうか。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

たしかに、腹を地面につけるようにして、ずるずると進む姿は目にするな。

腹足類は、軟体動物の中でもとくに種類の多いグループとして知られています。そもそも軟体動物という分類群自体が、多種多様な生物をふくむ大きなまとまり(分類群)です。

この記事の最後には、腹足類以外の軟体動物のグループも、少しご紹介したいと思います。

腹足類の特徴

それでは、腹足類に当てはまる生物の特徴のうち、代表的なものを見ていきたいと思います。

特徴1:体全体ではって移動する

やはり腹足類の特徴といえば、名前の由来にもなっている「移動の仕方」でしょう。

海底や岩、地面についている体の部分は、下部が筋肉質になっています。お腹全体を足のように使って移動するように見えることから、この名前になりました。

ただ、種によっては、はうような移動をせず、より自由に動けるようになったものもいます。反対に、ほとんどその場を動かないような種もいるんです。

\次のページで「特徴2:貝殻をもつものが多い」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: