ビジネス雑学

3分でわかる業種と職種の違い!言葉の意味や具体的な内容・転職での違いなどを雑学好きライターが詳しく解説

よぉ、桜木建二だ。この記事では業種と職種の違いについてみていくぞ。どちらも仕事に関連した言葉で、似た意味を持っているイメージがあるよな。違いはずばり規模の違いのようだが、言葉の意味・具体的な内容・転職での違いなど調べてみると様々な違いがあるみたいだ。
今回はそんな就職・転職活動に欠かせない言葉の違いを、定義から確認しつつ、雑学好きライターの熊家と一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/熊家

現在ライターとして、さまざまな分野で活動している。文学や歴史などのジャンルが得意で、これまで多くの記事を執筆してきた。この経験を生かし文学や歴史、雑学などの知識を分かりやすく解説していく。

ざっくり業種と職種の違いは?

image by iStockphoto

就職や転職活動の際、業種と職種という言葉の違いに、悩む方は少なくないでしょう。今回の記事では、双方の違いについて紹介します。はじめに、ざっくりと違いを紹介してから、深く内容を掘り下げていきましょう。

業種:業界の種類

業種とは、企業が属している業界の種類を指します。例えば、製造業や情報業です。また、規模の大きい企業は、通常複数の業種に関わっています。職種が同じでも業種が違うと、仕事内容が異なることもあるので慎重に判断しましょう。

職種:仕事の種類

業務内容によって分けられる仕事の種類を指します。つまり、個々の仕事の分類ということです。例えば、営業職・医療系専門職などがあげられます。また、営業部・経理部・人事部などのように部署に分かれている場合は、所属している部署の業務の種類が自分の職種です。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

自分の仕事の業種や、職種が分からないという人もいるだろう。中小企業に勤める人の中には、販売・経理・営業など複数兼務している場合もある。この場合は、自分がメインでしている仕事を軸に考えたら良い。営業がメインなら、職種は営業だな!

特徴1:言葉の意味の違いは?

image by iStockphoto

業種も職種も仕事に関する、似た意味を持つ言葉であることは、分かるかと思います。しかし、詳しく違いを説明できる方は多くないでしょう。この章では、双方の言葉の意味について紹介します。深く掘り下げていきましょう。

次のページを読む
1 2 3
Share: