体の仕組み・器官理科生き物・植物生物雑学

DNAの構造を明らかにした「モーリス・ウィルキンス」その生涯や功績を現役の研究者がわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。今回はノーベル生理学・医学賞を受賞した天才「モーリス・ウィルキンス」について見ていこう。彼はDNAが2重らせん構造であることを発見した偉人だ!この記事ではモーリス・ウィルキンスについて、大学で生物学を学び、現在も研究者として活動しているライターポスドクランナーと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ポスドクランナー

大学で生物学を学び、DNAやRNAなどの遺伝子について精通している。現在も研究者として活動を続け多くの研究成果を出すべく日々奮闘している。

モーリス・ウィルキンスって何をした人?その業績をザックリ解説!

Maurice H F Wilkins.jpg
オリジナルのアップロード者はドイツ語版ウィキペディアC. Goemansさん – de.wikipedia からコモンズに Leyo によって CommonsHelper を用いて移動されました。, パブリック・ドメイン, リンクによる

モーリス・ウィルキンス(モーリス・ヒュー・フレデリック・ウィルキンス、1916年12月15日 – 2004年10月5日)はニュージーランド生まれのイギリスの生物物理学者でもあり、分子生物学者です。彼はX線構造回折の分野で多くの業績を残しました。

彼の最大の功績はジェームズ・ワトソンとフランシス・クリックとともに、DNAが二重らせん構造をとることを発見したことです。この功績が認められ、ウィルキンスは、ワトソンとクリックと共に、「核酸の分子構造と生体内の情報伝達の意義に関する発見により」1962年にノーベル生理学・医学賞を受賞しました

モーリス・ウィルキンスの一生

モーリス・ウィルキンスはニュージーランドのポンガロアに生まれです。ウィルキンスが6歳の時に、医者であった父親が予防医学について研究するために、家族でイギリスに渡りました。

ウィルキンスは1940年にバーミンガム大学で博士号を取得します。この時彼はジョン・ランドールと一緒に、レーダーについての研究を行っていました。第二次世界大戦中にはカリフォルニア大学バークレー校でマンハッタン計画にも参加しています。現在のレーダー技術の一部にはウィルキンスの研究が使用されているのです。

戦後、ウィルキンスはキングス・カレッジ・ロンドンでロザリンド・フランクリンらとともにX線回折によるDNAの構造に関する研究を行いました。この時にケンブリッジ大学のワトソンとクリックとともに、DNAが二重らせん構造をとることを発見し、1962年にノーベル生理学・医学賞を受賞するのです。彼は2004年に87歳でその生涯を閉じるまで、キングス・カレッジ・ロンドンの生物物理学教授をつとめ、DNAの存在様式に関する研究を続けました。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

ウィルキンスは、ワトソンとクリックと共に、DNAが二重らせん構造でとることを発見してノーベル生理学・医学賞を受賞したことがわかったな!

次ではDNAについてと、DNAが何故二重らせん構造をとるのかを見ていこう。

DNAってどんなものなの?簡単に解説

DNAってどんなものなの?簡単に解説

image by Study-Z編集部

DNAはデオキシリボ核酸(DeoxyriboNucleic Acid)のことであり、デオキシリボースとリン酸、塩基 から構成される核酸のことです。生物の体の中には、アデニン(A)、チミン(T)、グアニン(G)、シトシン(C)の4種類の塩基が存在します

DNAを簡単に説明すると私たちの体を作るための設計図です。DNAを構成するヌクレオチドは,3個が一組になって,アミノ酸を表します。 生物の体ではタンパク質を合成するときには、 RNA ポリメラーゼという酵素が DNA 上の情報を3個ずつ読み取り, 同じ塩基配列を持ったRNA を合成し、RNA の情報をもとにアミノ酸を作り、合成されたアミノ酸が連なってできたものがタンパク質なのです。

 「DNA → RNA →タンパク質」という情報の流れはすべての生物に共通のメカニズムであり、生命活動の根幹になります。

DNAのニ重らせん構造について解説

DNA chemical structure.svg
Madprime (トーク · 投稿記録) – 投稿者自身による作品 iこのSVGのソースコードは正しい.  この ベクター画像Inkscapeで作成されました 。, CC 表示-継承 3.0, リンクによる

二重らせん構造とはDNAが生細胞中でとっている立体構造のことであり、平行な二本の線がらせん状(はしごをひねったような形)の立体構造のことです。

二本のポリヌクレオチド鎖(DNAが連なったもの)からなり、互いは逆方向を向いています。この2本のポリヌクレオチド鎖のらせんの内側で、アデニン(A)はチミン(T)と、グアニン(G)はシトシン(C)と、それぞれ決まった組み合わせで水素結合し、塩基対が形成されることで二本のポリヌクレオチド鎖はしっかりと結びつくのです。

発見者の名前にちなんでワトソン-クリックモデルとも呼ばれます。

\次のページで「ニ重らせん構造のメリットは?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: