国語言葉の意味

【慣用句】「胸の痞えが下りる」の意味や使い方は?例文や類語を読書家Webライターがわかりやすく解説!

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「胸の痞えが下りる」は胸が晴れる・胸がすく・心が晴れるなど、類似した表現が多彩に存在している。それぞれの言葉は意味としては殆ど同じとなっているが、使用される場面・頻度などに微妙な違いがあるため、注意して使い分けていこう。

「胸の痞えが下りる」を使いこなそう

この記事では「胸の痞えが下りる」の意味・使い方・類語などを説明しました。「胸の痞えが下りる」は心配事などが解決し安心することを意味している言葉です。「痞え」は病気・心配事・悩みなどから感じる胸の苦しさを表した単語で、「胸の痞えが下りる」はこうした痞えが解消されることを指しています。

また類義語には「胸が晴れる」、「胸がすく」、「心が晴れる」、「晴れ晴れ」、「心晴」などがありました。それぞれ少しづつニュアンスが違うため、細かい意味や使われる場面を確認しつつ、使い分けていきましょう。今回の記事が皆さんの参考になっていれば幸いです。

1 2 3 4
Share: