国語言葉の意味

【慣用句】「胸の痞えが下りる」の意味や使い方は?例文や類語を読書家Webライターがわかりやすく解説!

「胸の痞えが下りる」の使い方・例文

「胸の痞えが下りる」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.長年の悩みが消えて、胸の痞えが下りた。
2.ずっと隠していたことを打ち明けて、胸の痞えが下りる。
3.我が子の手術が成功して、胸の痞えが下りる。

「胸の痞えが下りる」は例文のように、心配事・悩み・不安などがなくなり胸の苦しさが解消されることを表した言葉です。長年の悩みが消えて、または抱えていた秘密を打ち明けて、心中のわだかまりが解消されて晴れ晴れとした気持ちになる。「胸の痞えが下りる」はこうした様子を表現する言葉です。

「胸の痞えが下りる」は書籍・新聞等の文章中、口語においても使用されます。例文から実際の使用場面を具体的にイメージし、自身でも使用することができるようにしていきましょう。実際に使用する際は、胸の苦しさがなくなるというニュアンスに注意して使用することが大切です。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「胸の痞えが下りる」は心配事が解決し、安心することを意味する言葉だった。「痞え」は病気・心配事・悩みなどからくる胸の苦しさを表す単語となっており、「胸の痞えが下りる」はこうした「痞え」が解消されることを表した言葉だ。

「胸の痞えが下りる」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

続いて「胸の痞えが下りる」の類義語・違いについて確認していきましょう。「胸の痞えが下りる」の類義語をいくつかピックアップしました。関連するよく似た表現との違いを確認することで、「胸の痞えが下りる」という言葉の機能をより深く理解することができます。

その1「胸が晴れる」

「胸が晴れる」はわだかまりが消え、晴れ晴れとした気持ちになることを意味する言葉です。こちらも心中のわだかまりが消え晴れ晴れとした気持ちになることを意味しており、「胸の痞えが下りる」とよく似た意味をもった類義語となっています。使用頻度などに違いがあるため注意しましょう。

\次のページで「その2「胸がすく」」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: