この記事では「胸の痞えが下りる」について解説する。

端的に言えば胸の痞えが下りるの意味は「悩みがなくなり安心する」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

多くの学術書を読み、豊富な知識をもつハヤカワを呼んです。一緒に「胸の痞えが下りる」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/ハヤカワ

学術書を中心に毎年100冊以上の本を読む、無類の本好き。人にさまざまな影響を与える言語、それ自体に強い興味をもち、言葉の細やかな表現にも並々ならないこだわりをもっている。

「胸の痞えが下りる(むねのつかえがおりる)」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「胸の痞えが下りる」の意味や語源・使い方を一覧でご紹介していきます。またその他「胸の痞えが下りる」は分類としては日本語の慣用句であるという点も抑えておきましょう。

「胸の痞えが下りる」の意味は?

「胸の痞えが下りる」というキーワードを辞典・辞書・事典、ネット上の無料データベースサービス「Weblio辞書」で用語検索してみると、次のような記載があります。こちらの引用をまず確認していきましょう。

1.心配していることが解決して安心すること。

出典:実用日本語表現辞典「胸のつかえが下りる」

「胸の痞えが下りる」は心配していることが解決し、安心することを意味する慣用句です。心配ごとや悩みごとを抱えて胸が苦しい様子を「胸がつかえる」と表現しますが、こちらはそうした「痞え(つかえ)」が解消されることを表します。心配のほか、悩み・不満などが解消され安心する場合も表す点に注意しましょう。

「胸の痞えが下りる」は書籍・新聞等の文章中のほか、口語においても使われることのある身近な表現です。心配ごと・悩みごとが解消され、胸が晴れる気持ちになることを表していると覚えておきましょう。この機会に「胸の痞えが下りる」の意味・用法を覚え、自身の語彙力を高めていきましょう。

「胸の痞えが下りる」の語源は?

次に「胸の痞えが下りる」の語源を確認しておきましょう。残念ながら「胸の痞えが下りる」の語源は現在はっきりとはしていません。「胸の痞えが下りる」の語源ははっきりとはしていないと覚えておきましょう。胸の痞えが下りるの「痞え」は、病気・悲しみ・心配などで胸が塞がり苦しいことを表す単語です。

「胸の痞えが下りる」は、こうした胸の痞えが解消されることを表現する言葉として生まれています。古くから使われている表現ですが、現在でも書籍・新聞等の文章中だけでなく、口語でも時折使われている表現です。構成する単語の意味から、より深く「胸の痞えが下りる」の意味を理解していきましょう。

\次のページで「「胸の痞えが下りる」の使い方・例文」を解説!/

「胸の痞えが下りる」の使い方・例文

「胸の痞えが下りる」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.長年の悩みが消えて、胸の痞えが下りた。
2.ずっと隠していたことを打ち明けて、胸の痞えが下りる。
3.我が子の手術が成功して、胸の痞えが下りる。

「胸の痞えが下りる」は例文のように、心配事・悩み・不安などがなくなり胸の苦しさが解消されることを表した言葉です。長年の悩みが消えて、または抱えていた秘密を打ち明けて、心中のわだかまりが解消されて晴れ晴れとした気持ちになる。「胸の痞えが下りる」はこうした様子を表現する言葉です。

「胸の痞えが下りる」は書籍・新聞等の文章中、口語においても使用されます。例文から実際の使用場面を具体的にイメージし、自身でも使用することができるようにしていきましょう。実際に使用する際は、胸の苦しさがなくなるというニュアンスに注意して使用することが大切です。

「胸の痞えが下りる」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

続いて「胸の痞えが下りる」の類義語・違いについて確認していきましょう。「胸の痞えが下りる」の類義語をいくつかピックアップしました。関連するよく似た表現との違いを確認することで、「胸の痞えが下りる」という言葉の機能をより深く理解することができます。

その1「胸が晴れる」

「胸が晴れる」はわだかまりが消え、晴れ晴れとした気持ちになることを意味する言葉です。こちらも心中のわだかまりが消え晴れ晴れとした気持ちになることを意味しており、「胸の痞えが下りる」とよく似た意味をもった類義語となっています。使用頻度などに違いがあるため注意しましょう。

\次のページで「その2「胸がすく」」を解説!/

その2「胸がすく」

「胸がすく」は気分が爽やかになる、胸の痞えが下りることを意味する言葉です。こちらも胸の痞えがなくなることを意味する言葉となっており、「胸の痞えが下りる」と非常によく似た意味をもった類義語となっています。細かい意味・使用頻度などに違いがあるため、注意して使い分けていきましょう。

その3「心が晴れる」

「心が晴れる」は心配・疑念などが消え明るい気持ちになることを意味する言葉です。こちらも心配などから解放されて晴れ晴れとした気持ちになることを意味する言葉となっており、「胸の痞えが下りる」と似た意味をもった類義語となっています。細かい意味に違いがあるため注意しましょう。

その4「晴れ晴れ(はればれ)」

「晴れ晴れ」は空がすっきり晴れわたっている様、またはわだかまりがなく気持ちがさっぱりとした様を意味する言葉です。こちらもわだかまりがなく気持ちが晴れやかな様子を意味する言葉となっており、「胸の痞えが下りる」と似た意味をもった類義語となっています。用法に違いがあるため注意しましょう。

その5「心晴(こころはれ)」

「心晴」は心が晴れ晴れとしていること、気分が爽快であることを意味する言葉です。こちらも晴れやかな気分を意味している言葉となっており、「胸の痞えが下りる」と似た意味をもった類義語となっています。こちらは悩みが解消されて、といった意味はない点など違いがあるため、注意しましょう。

「胸の痞えが下りる」の対義語は?

image by iStockphoto

つづいて「胸の痞えが下りる」の対義語についても確認していきましょう。「胸の痞えが下りる」には明確に対義語とされている語はありません。しかしその意味から連想してみると次の単語が思い浮かびます。

「胸がつかえる」

「胸がつかえる」は悲しみ・心配事などのために、胸がしめつけられるように苦しむ様子を意味する言葉です。「胸の痞えが下りる」が心配事などがなくなり胸の苦しさが解消されることを意味していたのに対し、こちらはそうした胸の苦しさを感じる様子を表しています。対義語としてこちらも覚えておきましょう。

\次のページで「「胸の痞えが下りる」を使いこなそう」を解説!/

「胸の痞えが下りる」を使いこなそう

この記事では「胸の痞えが下りる」の意味・使い方・類語などを説明しました。「胸の痞えが下りる」は心配事などが解決し安心することを意味している言葉です。「痞え」は病気・心配事・悩みなどから感じる胸の苦しさを表した単語で、「胸の痞えが下りる」はこうした痞えが解消されることを指しています。

また類義語には「胸が晴れる」、「胸がすく」、「心が晴れる」、「晴れ晴れ」、「心晴」などがありました。それぞれ少しづつニュアンスが違うため、細かい意味や使われる場面を確認しつつ、使い分けていきましょう。今回の記事が皆さんの参考になっていれば幸いです。

" /> 【慣用句】「胸の痞えが下りる」の意味や使い方は?例文や類語を読書家Webライターがわかりやすく解説! – Study-Z
国語言葉の意味

【慣用句】「胸の痞えが下りる」の意味や使い方は?例文や類語を読書家Webライターがわかりやすく解説!

この記事では「胸の痞えが下りる」について解説する。

端的に言えば胸の痞えが下りるの意味は「悩みがなくなり安心する」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

多くの学術書を読み、豊富な知識をもつハヤカワを呼んです。一緒に「胸の痞えが下りる」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/ハヤカワ

学術書を中心に毎年100冊以上の本を読む、無類の本好き。人にさまざまな影響を与える言語、それ自体に強い興味をもち、言葉の細やかな表現にも並々ならないこだわりをもっている。

「胸の痞えが下りる(むねのつかえがおりる)」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「胸の痞えが下りる」の意味や語源・使い方を一覧でご紹介していきます。またその他「胸の痞えが下りる」は分類としては日本語の慣用句であるという点も抑えておきましょう。

「胸の痞えが下りる」の意味は?

「胸の痞えが下りる」というキーワードを辞典・辞書・事典、ネット上の無料データベースサービス「Weblio辞書」で用語検索してみると、次のような記載があります。こちらの引用をまず確認していきましょう。

1.心配していることが解決して安心すること。

出典:実用日本語表現辞典「胸のつかえが下りる」

「胸の痞えが下りる」は心配していることが解決し、安心することを意味する慣用句です。心配ごとや悩みごとを抱えて胸が苦しい様子を「胸がつかえる」と表現しますが、こちらはそうした「痞え(つかえ)」が解消されることを表します。心配のほか、悩み・不満などが解消され安心する場合も表す点に注意しましょう。

「胸の痞えが下りる」は書籍・新聞等の文章中のほか、口語においても使われることのある身近な表現です。心配ごと・悩みごとが解消され、胸が晴れる気持ちになることを表していると覚えておきましょう。この機会に「胸の痞えが下りる」の意味・用法を覚え、自身の語彙力を高めていきましょう。

「胸の痞えが下りる」の語源は?

次に「胸の痞えが下りる」の語源を確認しておきましょう。残念ながら「胸の痞えが下りる」の語源は現在はっきりとはしていません。「胸の痞えが下りる」の語源ははっきりとはしていないと覚えておきましょう。胸の痞えが下りるの「痞え」は、病気・悲しみ・心配などで胸が塞がり苦しいことを表す単語です。

「胸の痞えが下りる」は、こうした胸の痞えが解消されることを表現する言葉として生まれています。古くから使われている表現ですが、現在でも書籍・新聞等の文章中だけでなく、口語でも時折使われている表現です。構成する単語の意味から、より深く「胸の痞えが下りる」の意味を理解していきましょう。

\次のページで「「胸の痞えが下りる」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: