今回は、「天然資源(てんねんしげん)」について学習していこう。

我々が生まれるはるか前、約46億年前に誕生したとされる地球。その地球によって作られる自然や生物、物質のことを天然資源という。近年問題となっているのは、この天然資源を人類がここ数百年のうちに壊し、使いつくそうとしていることです。このまま何もしなければいつか人類は絶滅するでしょう。そうならないために、天然資源に関する問題について理解していこう。

農学部卒ライターの園(その)と一緒に解説していきます。

ライター/園(その)

数学は苦手だけれど、生物と化学が得意な国立大学農学部卒業の元リケジョ。動物の中でも特に犬が好きで、趣味は愛犬をモフること。分かりやすく面白い情報を発信していく。

天然資源とは?

天然資源はブリタニカ国際大百科事典 小項目事典において以下のように定義されています。

自然資源ともいう。人間に利用される自然のなかの物質および物質生成の源泉となる環境の働きをいう。土地,水,鉱物などの無生物資源と森林,野生鳥獣,魚などの生物資源がある。

出典:“天然資源”.コトバンク.(参照2022/3/23).

森林破壊

image by iStockphoto

私たちが住む家の材料となる木や私たちがおいしく食べる魚などはすべて生物資源です。その中でも森林は、燃料や農園などに活用されるために伐採されたり、森林火災で減少したりと今この瞬間も減り続けています。具体的には、1分間で東京ドーム約2個分。つまり、森林がこれ以上減少しないようにするためには、東京ドーム約2個分の広さの土地で多くの木々が1分の間に森林にまで成長しなければなりません。そんな速さで成長する木はありませんよね?このように、森林の減少を食い止めるのは非常に難しいのが現状なのです。

では、森林が減ると私たちにどのような影響があるのでしょうか?皆さんに知っておいてほしい以下の3つについて紹介します。

・温暖化が進む

・生態系のバランスが崩れる

・感染症が増加する

\次のページで「温暖化が進む」を解説!/

温暖化が進む

image by iStockphoto

ブラジルでは主に森林破壊の影響で、2020年の温室効果ガス(地球温暖化の原因として知られる二酸化炭素を含むガス)の排出量が9.5%増加したことが明らかにされました。なぜなら、森林は空気中の二酸化炭素を取り込むことができるからです。

植物は光合成において、太陽光エネルギーを用いて二酸化炭素を吸収し酸素を放出します。このことから、地球から森林がすべてなくなってしまえば、今まで森林が行っていた二酸化炭素の取り込みがほとんど行われずに大気中の二酸化炭素が増えることが予測できますよね?ちなみに、ここで「増える」と断定しなかったのは、植物は私たちと同じように呼吸による二酸化炭素の放出も行っているからです。

生態系のバランスが崩れる

image by iStockphoto

森林では多様な生物が暮らしています。その生物たちにとっての住まいや食料源とも言える森林が破壊されると、そこで暮らす生物たちが絶滅してしまうかもしれません。そうすると、複雑なつながりを持つ生態系はバランスを崩してしまいます。

ではなぜ、ある生物が絶滅することが問題なのでしょうか? それは、人間が生物から多大な恩恵を得ているからです。例えば、バイオミメティクスのように生物の形や仕組みを真似た新しい技術の開発や、生物の成分をもとに作られた病気の治療薬などがあります。知っての通り、一度絶滅した生物を復活させることはできません。つまり、生態系のバランスを保ち動物を絶滅させないことは、現在では困難とされる技術の開発や、救えなかった命を救うための可能性を広げることにつながるのです。

感染症が増加する

image by iStockphoto

狂犬病のように動物から人間にうつる病気を動物由来感染症と言います。これは、動物の持つ病原体が人間にうつることで感染するのですが、その病原体を森林で生活する野生動物が持っている可能性があるのです。

ではなぜ、森林破壊によって感染症が増加すると考えられるのでしょうか?それは、病原体を持つ野生動物との接触機会が増えるから。森林を伐採するときに野生動物に出会うかもしれませんし、森林がなくなり住むところがなくなった野生動物たちが人間や家畜の住むエリアまで来るかもしれません。

さらには、上記で説明した温暖化の影響で、病原体を持つ生物の行動が活発になることも一つの要因と考えることができます。

水資源の枯渇

これまでは、天然資源の中でも生物資源の問題について学習してきました。一方、私たちの生活を豊かにしてくれる土地や鉱物などの無生物資源のうち、水の枯渇という問題についてさらっと見ていきましょう。

日本に住む私たちにとっては、「水が枯渇する」と言われてもイメージが難しいかもしれません。しかし、現在世界では人口の増加や気候変動による水資源の枯渇が心配されています。2015年の国連サミットで採択されたSDGsでは、この問題を解決するための目標が設定されました。その一方で、水は再生可能なエネルギーなので「不足することはあるが、枯渇することはない」という考え方もあるようです。

例として、水の枯渇に関する問題を提示しておくので気になった方は、自分で詳しく調べてみてください。

水の枯渇に関する問題

・飲み水不足

・工業用水の不足

・農業用水の不足

・水資源確保のための紛争

・水資源の汚染や破壊による生物の絶滅

\次のページで「天然資源が少ない国である日本」を解説!/

天然資源が少ない国である日本

森林や水などが比較的豊富にある日本は、天然資源が多い国と思われるかもしれません。そんな日本でも特に、以下の天然資源が少ないことが問題となっています。

・エネルギーとして利用される石油・石炭・天然ガス

・工業製品を作る原料となる鉱物

エネルギーとして利用される石油・石炭・天然ガス

1970年から1980年にかけて、産油国である中東において戦争が勃発しました。それによって原油価格が高騰し、原油の輸入を中東に頼っていた国々は大混乱。これは”オイルショック”と呼ばれ、日本も原油の大半を中東から輸入していたので大打撃をうけました。このようにエネルギー源を海外に依存していると、輸入国の状況によって安定的に輸入できないという問題が生じるのです。

image by Study-Z編集部

例えば、現在石油を輸入している国が「石油を今までより高い値段で売る」と言った場合。日本は自国で石油をまかなうことができないので、値段が上がっても輸入せざるを得ません。そうなると、ガソリン価格と電気料金の値上がりという形で私たちの生活に影響するのです。

工業製品を作る原料となる鉱物

日本では、鉄などの鉱物資源をほぼ100%海外からの輸入に頼っており、これも上記と同じ理由で問題が生じます。

戦後、日本は原料を輸入して、工業製品として輸出することで経済発展を遂げてきました。このように高い技術を持つ日本ですが、原料を輸入できなければ工業製品を作ることはできません。工業製品を作れなければ、それを売って収入を得ることもできないということです。そうなると、日本経済は停滞もしくは悪化してしまいます。

天然資源の問題を解決するために

今回は、天然資源の問題の中でも森林破壊と水の枯渇、天然資源が少ない日本について学習してきました。実は、水の枯渇は森林破壊によっても引き起こされます。なぜなら、森林には雨水を蓄え、水をきれいにするという働きがあるからです。このように天然資源の問題にはつながりがありどれか一つだけを解決しようとするのではなく、天然資源のすべてをまとめて解決することが最も効率的だと考えられます。また、天然資源が少ない日本は、現段階では海外に頼るしかありません。そんな日本では、新技術の開発など様々な取り組みが行われています。

天然資源の問題は、私たちの生活に直接関係してくるものです。他人事だと思わずに、関心を持つことから始めてみましょう。

イラスト使用元:いらすとや

" /> 天然資源とは?私たちの生活に欠かせない天然資源の問題について農学部卒ライターが徹底わかりやすく解説! – Study-Z
地球暮らし理科生物社会

天然資源とは?私たちの生活に欠かせない天然資源の問題について農学部卒ライターが徹底わかりやすく解説!

今回は、「天然資源(てんねんしげん)」について学習していこう。

我々が生まれるはるか前、約46億年前に誕生したとされる地球。その地球によって作られる自然や生物、物質のことを天然資源という。近年問題となっているのは、この天然資源を人類がここ数百年のうちに壊し、使いつくそうとしていることです。このまま何もしなければいつか人類は絶滅するでしょう。そうならないために、天然資源に関する問題について理解していこう。

農学部卒ライターの園(その)と一緒に解説していきます。

ライター/園(その)

数学は苦手だけれど、生物と化学が得意な国立大学農学部卒業の元リケジョ。動物の中でも特に犬が好きで、趣味は愛犬をモフること。分かりやすく面白い情報を発信していく。

天然資源とは?

天然資源はブリタニカ国際大百科事典 小項目事典において以下のように定義されています。

自然資源ともいう。人間に利用される自然のなかの物質および物質生成の源泉となる環境の働きをいう。土地,水,鉱物などの無生物資源と森林,野生鳥獣,魚などの生物資源がある。

出典:“天然資源”.コトバンク.(参照2022/3/23).

森林破壊

image by iStockphoto

私たちが住む家の材料となる木や私たちがおいしく食べる魚などはすべて生物資源です。その中でも森林は、燃料や農園などに活用されるために伐採されたり、森林火災で減少したりと今この瞬間も減り続けています。具体的には、1分間で東京ドーム約2個分。つまり、森林がこれ以上減少しないようにするためには、東京ドーム約2個分の広さの土地で多くの木々が1分の間に森林にまで成長しなければなりません。そんな速さで成長する木はありませんよね?このように、森林の減少を食い止めるのは非常に難しいのが現状なのです。

では、森林が減ると私たちにどのような影響があるのでしょうか?皆さんに知っておいてほしい以下の3つについて紹介します。

・温暖化が進む

・生態系のバランスが崩れる

・感染症が増加する

\次のページで「温暖化が進む」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: