日本史

「賤ヶ岳の戦い」はどんな戦い?戦国時代の名勝負を元塾講師が5分で解説

よぉ、桜木建二だ。 今回は賤ヶ岳の戦いについてみていくぞ。これは本能寺の変の後に織田信長の後継をめぐって起こった羽柴秀吉と柴田勝家との間で起こった戦いだ。戦国時代に詳しいライター織部かよこと一緒に見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字

ライター/織部かよこ

受験科目は日本史を選択、法律学部卒元塾講師のライター。戦国時代に活躍する武将が続々と登場、勝家とお市の悲しい結末、見どころ満載の賤ケ岳の戦いについて解説していく。

ID: ↑パーツ内本文:81文字

清須会議

image by iStockphoto

賤ケ岳の戦いは織田信長亡き後に織田家家臣のトップの座を争う羽柴秀吉と柴田勝家との戦いです。

本能寺の変の後、山崎の戦いで明智光秀を討ち取り、勢いに乗った羽柴秀吉は、大きな権力を持つように。勝家は信長の悲報を聞いた後、すぐ駆けつけようとしたのですが上杉軍に攻撃されて行くことができず、合流できたのは山崎の戦いが終わるころでした。このため、秀吉との差がついてしまいました。

ID: ↑パーツ内本文:185文字

信長の後継者

織田信長の後継者を決める清須会議(きよすかいぎ)では、秀吉は後継に嫡男信長の嫡男の長男、三法師を推薦。一方織田家筆頭家老の柴田勝家は信長の三男信孝を推薦し、秀吉と勝家の対立が浮彫りに。

同席した丹羽長秀(にわなおひで)と池田恒興(いけだつねおき)も三法師を推薦し、結局、三法師が家督を継ぎました。年少の三法師には信長の次男信雄と信孝が後見につくことで一件落着。三法師は火災で消失した安土城の復旧が終わるまでの期限付きで岐阜城の信孝のもとで過ごします。

ID: ↑パーツ内本文:226文字

領地の再分配

清須会議では家臣団への領地が再分配されました。秀吉に丹波、河内など多くの西側の領地が新たに振り分けられることに。秀吉は筆頭家老、勝家は二番手になり両者の立場が逆転しました。

かつてから勝家や柴田家家臣と折り合いが悪かった勝家の養子、柴田勝豊はこの会議で長浜城に国替えになりました。

ID: ↑パーツ内本文:141文字

勝家、お市との結婚

勝家は織田信長の妹お市の方との結婚を申し出ます。秀吉は 山城国の増領を条件として、勝家の要望をとりまとめると、織田家家老丹羽長秀はこれを容認。領地の細分配の決定に不満が大きかった勝家に譲歩するとともに、京とのつながりも深い山城を押さえさらに権力を高めようとする秀吉の思惑がありました。

ID: ↑パーツ内本文:142文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

この会議が終わると、秀吉の権力がさらに増し、勝家や滝川一益(たきがわかずます)、他家臣との対立がより明確になった。

勝家は紀州の雑賀衆(さいかしゅう)四国の長宗我部元親(ちょうそかべもとちか)を味方につけ、秀吉との敵対関係を強固にしていった。戦国時代、さらにスケールの大きい争いになっていくぞ。

ID: ↑パーツ内本文:148文字

織田家への介入

image by iStockphoto

秀吉は権力のために織田家に介入するのは信長の葬儀だけではありません。三法師の処遇をめぐって信雄、信孝間の兄弟の対立にも介入します。

ID: ↑パーツ内本文:65文字

信長の葬儀

清須会議の3か月半後、秀吉主催で養子の羽柴秀勝を喪主として、 信長の葬式が7日間に渡り盛大に執り行われました。秀勝は 信長の四男 です。これは葬儀とは思えないような秀吉の威厳を知らしめるイベント的要素が大きく、派手な演出。

開催されたのが勝家の領地が雪で動けない時節だったのは秀吉の思惑によるもの。しかも勝家に声掛けをしませんでした。秀吉は露骨に勝家に敵対心を露わにします。当然のごとく勝家は激怒。

ID: ↑パーツ内本文:200文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share: