雑学食べ物・飲み物

焼酎とウイスキーの違いは色だけ?原材料や製造方法など元BAR店長が詳しく解説

よぉ、桜木建二だ。この記事では焼酎とウイスキーの違いについてみていくぞ。何となく違うお酒だということはわかるけど、具体的にどこが違うのかはわからないという人も多いんじゃないか?違いはずばりお酒の製造工程にあるようだが、原材料など調べてみるといろいろ違いがあるみたいだ。
今回はそんな焼酎とウイスキーの違いを、ざっくりした違いから確認しつつ、元BAR店長ライターの田嶋と一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/田嶋あこ

お酒と料理が大好きなライター。お酒好きが高じてバーで務めた経験も。様々なお酒を飲んできた経験を活かして、違いを詳しく解説していく。

焼酎とウイスキーのざっくりした違いは?

image by iStockphoto

焼酎とウイスキーはそのまま飲んだり何かで割ったり、様々な楽しみ方ができるお酒です。ただ普段飲まれている方でも「違うことはわかるけど何処が違うのかはわからない」という方は多いのではないでしょうか?

お酒を飲まない方だとなおさら違いがわからないですよね。そこでまず、焼酎とウイスキーのざっくりした違いを解説していきます。

糖化に使用する酵素が違う

焼酎とウイスキーの中には、原料が同じものであったり見た目が少し似ているものもあります。さらにどちらも、蒸溜酒と呼ばれるジャンルのお酒という共通点も。

焼酎とウイスキーは元になる材料を糖化させた後に発酵させ、蒸溜してから熟成させるという工程で作られているお酒です。この工程の中にある「糖化」に使う酵素の違いが大きなポイントとなります。

糖化に使う酵素
・焼酎の場合:麹
・ウイスキーの場合:麦芽

焼酎は酒税法で「発芽した穀物を使用してはならない」という決まりがあります。そのため糖化させるために麹酵素を使っているのです。

ウイスキーは発芽した穀物を使っても大丈夫なので、大麦などの麦芽酵素を使用して糖化させています。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

焼酎やウイスキーは穀類を発酵させるために糖化と言う、でんぷんをブドウ糖に分解する作業が必要になる。このときに使う酵素の違いがポイントということだ。焼酎は麹を、ウイスキーは麦芽を使っていると覚えておくといいだろう。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: