化学暮らし理科生活と物質

再生繊維とは一体何?種類や特徴、利用例などを現役研究員が5分でわかりやすく解説!

リヨセルのメリット、デメリットとは?

リヨセルは他の再生繊維と同様にツヤや吸湿性、速乾性に優れています。他の再生繊維より優れている点は強度が高い点。水に濡れた際の縮みは少なく、レーヨンよりも高い強度を持っています。繊維の断面の形状はキュプラのように丸いため、肌触りが良い事もメリットです。

一方、摩擦には非常に弱く、毛羽立ちやすいため、生地が白化してしまう点はデメリットになります。白化してしまうと見た目の印象が悪くなるため、洗濯は十分に気をつけましょう。

リヨセルの作り方は?

image by iStockphoto

リヨセルの作り方はレーヨンと同様に一度溶かして再生します。違う点は原料の木材パルプがユーカリである事や、溶かすための溶剤が異なる事です。また、レーヨンのように中間体を経由せず溶解させるため、工程が少なく、環境負荷が低い。製造工程を完全に閉じた系で製造することができる事も環境負荷を低減させている。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

リヨセルはユーカリの木材パルプを原料とした再生繊維だ。他の再生繊維よりも水に濡れた際の強度は高い。その反面、紡糸の際に重合の方向にムラがあり、摩擦で毛羽立ちやすくなるデメリットも持っている。原料から製造、製品まで環境負荷を比較的低減させる事ができる注目の素材なので、ぜひ覚えておこう。

再生繊維は優れた性能を持たせた材料

再生繊維は天然素材の短い繊維を長く再生した繊維です。安定した長さを持つ事で天然素材の弱点である耐久性の低さを少し克服しながら、天然素材の良さを持った優れた材料になります。再生繊維の原料自体は天然物のため、生分解性を持っており、環境問題を解決したい国際的な流れが追い風になるでしょう。そのため、今後も市場が大きくなる分野であると予想できます。

リヨセルは特に原料であるユーカリの成長が早く、成長に必要な水も少ない事がメリットです。原料自体が環境負荷が小さく、製造工程も負荷が比較的少なく、できた製品は生分解性がある大注目の素材になります。

1 2 3 4
Share: