化学暮らし理科生活と物質

再生繊維とは一体何?種類や特徴、利用例などを現役研究員が5分でわかりやすく解説!

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

キュプラはレーヨンの弱点である、水に濡れた時の弱さを多少改善した繊維。弱点を少し改善した点と静電気や湿気を逃す点を覚えておこう。レーヨンとしてのメリットも持ち合わせているため、肌触りやツヤがある。スーツの裏地に使用されているため、近くにあるスーツを確認してみよう。

次の章ではポリノジックについて解説するぞ。

ポリノジックについて解説!

image by iStockphoto

ポリノジックはレーヨンの重合度を上げたものになります。重合度を上げるとは分子量を大きくするという事で、より長い繊維にしたものです。長い繊維にする事でレーヨンの弱点を克服するために開発されました。レーヨンの光沢感やツヤを残しながら、水に濡れた時の強度の低下を抑えています。

この章では高級レーヨンのポリノジックについて学んでいきましょう。

ポリノジックのメリット、デメリットとは?

ポリノジックのメリットはレーヨンと比較すると水を吸うと強度が落ちる点は少し改善されている点です。これは吸湿性能を落とす事で改善しました。繊維としてのメリットはレーヨンと同様の性能があります。耐熱性能も優れており、軟化も溶融もしません。デメリットもレーヨンと同じでシワや洗濯の難しさが挙げられます。

ポリノジックの作り方は?

image by iStockphoto

ポリノジックの原料はレーヨンと同じく木材パルプです。作り方もほぼ同じですが、繊維にする際の成形を変えています。レーヨンの断面図は三角形、ポリノジックは円形です。この成形の仕方と分子量の大きさがポリノジックの性能を出し、レーヨンの弱点を抑えることに繋がっています。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

ポリノジックはレーヨンの弱点を少し改善した繊維だ。特徴はレーヨンと似ているが、耐熱性の高さや濡れた時の強度の改善はレーヨンよりも優れているぞ。この性質を生み出しているのが、成形と分子量の長さがポイントだ。製造方法が違うから原料が同じでも違う特徴を持たせる事ができる。

次の章ではリヨセルについて解説するぞ。

リヨセルについて解説!

image by iStockphoto

リヨセルはユーカリの木材を原料とした再生繊維。リヨセルは度々テンセルと表記されますが、それぞれ別々の企業の製品名であった経緯があるためです。現在では企業が合併したため、総称をリヨセル、ブランド名をテンセルとなります。特徴は他の再生繊維と似ていますが、リヨセルは環境負荷低減に関して優秀です。

この章ではリヨセルについて学んでいきましょう。

\次のページで「リヨセルのメリット、デメリットとは?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: