化学理科

炭酸水の作り方とは?炭酸水の効果や用途、炭酸水メーカーについてを理系出身ライターが徹底わかりやすく解説!

自宅で簡単!炭酸水メーカー

image by iStockphoto

さまざまな分野で人気が上昇している炭酸水。先程紹介した方法だと量も少なく手間もかかりますよね。ここで注目されているのが炭酸水メーカーです。炭酸水メーカーは、本体に炭酸ガスをセットして、水やジュースに注入するという仕組みになっています。ここでは炭酸水メーカーのメリットとデメリットをみてみましょう。

炭酸ガスの充てん方法

ガスシリンダー式:シリンダーと呼ばれるボンベに炭酸ガスが充てんされていて、1本でたくさんの炭酸水が作れるのが特徴です。ガスがなくなったときは、ガスシリンダーをメーカーに回収してもらい新しいものと交換します。

カートリッジ式:専用ボトルにガスカートリッジを取り付けて使用します。1回につき1つ使う使い切りタイプで、使用後は燃えないゴミとして処分できます。

炭酸水メーカーのメリット

炭酸水メーカーはコストパフォーマンスに優れています。市販の500mLペットボトルの炭酸水を購入すると1本100円前後でしょう。一方炭酸水メーカーのガスシリンダー式だと、シリンダー1本約3,000円で60mLの炭酸水を作れるのでペットボトルで換算すると約20円。カートリッジ式だと1回約70円となり、ペットボトルを買うよりもかなり節約になります

また、炭酸水メーカーがあればいつでも新鮮な炭酸水が飲めるので、ペットボトルを大量に買っておく必要はありません。よって、ペットボトルのゴミを減らすことにも繋がります

炭酸水メーカーのデメリット

炭酸水メーカーを使用していくと、使い切ったカートリッジやシリンダーを交換するのは少し手間がかかるかもしれません。

また、炭酸水メーカーは初期費用がかかります。本体の価格は約1~2万円の製品が多いので、炭酸水メーカーの購入を考えるときは炭酸水を必要とする頻度で決めてもいいかもしれません。毎日炭酸水を飲む人だったら、炭酸水メーカーは生活必需品になりそうですね

スタディZでは、日常のあらゆる現象について解説しています!

気になる方は以下の記事もご覧ください!

炭酸水は健康と美容をサポートしてくれる強い味方!

炭酸水というワードはよく耳にすると思いますが、こんなにたくさんの用途があることはご存じでしたか?炭酸水とは二酸化炭素が溶け込んだ水なので、作るのは比較的簡単でしょう。炭酸水を飲むことで疲労回復や便秘解消、血行が良くなりお肌もきれいになるとされていて、さらに料理にも役立ちます。炭酸水メーカーがあれば、使いたいとき手軽に用意できますね。

さまざまな用途がある炭酸水。自分に合った方法で生活の中に取り入れてみるのもいいかもしれません。

1 2 3
Share: