雑学食べ物・飲み物

3分でわかる甘唐辛子とししとうの違い!ピーマンや万願寺とうがらしとの違いは?辛いししとうの見分け方や栄養価についても合わせて雑学大好き現役大学生がわかりやすく解説

今回は「甘唐辛子 ししとう」の違いについて解説していきます。辛い物好きの方にとっては摂取する方も多い唐辛子。実は唐辛子の中には辛みを持たない甘味種の唐辛子も存在し、今回紹介する甘唐辛子とししとうは甘味種の唐辛子に部類されるんです。この記事ではそんな甘唐辛子とししとうの違いに加え、甘唐辛子の栄養価やおすすめのレシピを雑学大好き現役大学生ライターmmQnと一緒に解説していきます。

ライター/mmQn

雑学大好きの現役大学生mmQn。普段から料理をするのが大好きで、食に関する雑学は得意分野。料理経験も活かしわかりやすく解説する。

甘唐辛子は唐辛子の一種!唐辛子の種類は豊富

image by iStockphoto

辛いもの好きな方にとっては、好んで食べる機会が多い唐辛子。そんな唐辛子は中南米が原産とされるナス科トウガラシ属の草木になる実の総称で、実は多くの種類が存在します。以下より詳しくみていきましょう。

唐辛子は大きく辛味種と甘味種に分類される

まず唐辛子は大きく辛味種と甘味種に分類されます。聞き馴染みの多い「ハバネロ」や料理でもよく多用される「鷹の爪」は辛味種の唐辛子です。一方で甘味種の唐辛子は、その名の通り辛味のない唐辛子のことで、「ししとう」や「伏見とうがらし」などが代表例として挙げられます。

辛味種の代表例:鷹の爪、ハバネロ、ハラペーニョ

辛味種の代表例といえば、「鷹の爪」「ハバネロ」「ハラペーニョ」が挙げられます。中でも、鷹の爪は日本での流通が多い唐辛子としても有名で、料理などでもよく用いられる唐辛子です。またハバネロは、近年までは世界一辛い唐辛子としてギネスに記録されていた品種でもあります。その他代表例は以下のとおりです。

その他辛味種の代表例

・青唐辛子
・激辛なんばん
・キャロライナ・リーパー
・プリッキーヌ etc…

\次のページで「甘味種の代表例:ピーマン、パプリカ」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: