江戸時代理科生物

世界で初めて全身麻酔を行なった華岡青洲ってどんな人?妻が人体実験で失明したって本当?元米国科学教師チロが詳しくわかりやすく解説!


江戸時代までは未発達だった日本の医学は、明治以降に欧米の医療技術を導入することで発展を遂げた、と思っていないか? 江戸時代の日本の医療も実はレベルが高く、世界で初めて全身麻酔を成功させたのも江戸時代の日本人だったんです。
この記事では全身麻酔を成功させた日本人医師、華岡青洲という人物について元米国科学教師チロと一緒に解説して行くぞ。
チロ

ライター/チロ

放射能調査員や電気工事士など様々な「科学」に関係する職を経験したのち、教員の道へ。理科教員10年を契機に米国へ留学、卒業後は現地の高校でも科学教師として勤務した。帰国後は「フシギ」を愛するフリーランスティーチャー/サイエンスライターとして活躍中。

華岡青洲ってどんな人?

Image from
Hanaoka Seishu – http://ceb.nlm.nih.gov/proj/ttp/hanaokagallery.html, パブリック・ドメイン, リンクによる

華岡青洲は江戸時代中期〜後期に活躍した医師です。1760年に紀州藩(現在の和歌山県)の漢方医の息子として生まれた青洲は小さな頃より父から医学の基礎を学び、20代には京の都で伝統的な東洋医学と最新の西洋医学を学びました。

当時の医療は漢方薬の処方による内科治療が中心だったのですが、青洲は外科治療を積極的に導入し多くの患者の命を救ったのです。また青洲は彼を慕って集まってきた多くの若者のために「春林軒」という私塾を設立し医術を伝授したため、医療教育の先駆者とも言われています。

日本の医学を変えた青州の業績

江戸時代を代表する医師、華岡青洲にはその後の日本における医療のあり方を大きく変えた数多くの業績があります。いったいどのような業績なのでしょうか?

全身麻酔を世界で初めて成功させた

image by iStockphoto

青洲の業績の中で最も特筆すべきなのは、前述の通り全身麻酔の実施です。西洋医学に基づく外科治療を学んだ青洲ですが、麻酔の技術がないことが手術実行の大きな妨げになっていました。たしかに麻酔なしで体を切られるなんて、絶対にいやですよね?

そこで青洲は中国古代の文献に着目しました。あの有名な歴史書「三国志」に華佗(かだ)という医師が麻沸散という粉末薬で患者の意識を失わせ、その間に手術をしたという記述があったのです。しかし1000年以上前のことなので真偽は不明であり、麻沸散がどのような成分だったのかも分かりません。しかし病気で苦しむ人々を手術で救いたいと考えた青洲は、なんと20年近くもの研究の末「通仙散」という麻酔薬を完成させ、全身麻酔による乳がんの切除手術を成功させました。アメリカでジエチルエーテルを用いた麻酔手術が成功する40年以上も前の、1804年のことでした。

現代医学の世界で「業績」と認められるためには英文による論文発表が必要なため、世界的に初の全身麻酔として知られているのはこのアメリカの事例。しかし日本麻酔科学会は青洲の偉業を讃えるため、彼が通仙散の主原料として用いたチョウセンアサガオを会のロゴマークのモチーフにしています。

東洋医学と西洋医学を融合させた

image by iStockphoto

青洲が全身麻酔を実現できたのは先入観にとらわれず、東洋医学の知識と西洋医学の技術を見事に融合させたから。当時の医療といえば、古代中国から連綿と続く漢方医学。事実、青洲が京で最初に身につけたのも「古方派」という古典の教えを忠実に守る漢方医学でした。

しかし、当時はオランダから輸入された西洋医学が徐々に日本へ浸透し始めた時期。杉田玄白がオランダ語の医学書を翻訳し「解体新書」を敢行したのもちょうどこの頃です。当時は古来の漢方医学の医師と、西洋医学に基づいて治療を行う蘭方医は明確に区別されていたのですが、青洲は漢方医を生業とする家系にも関わらず、積極的に西洋医学も学び自身の医術の中に取り入れていきます。

薬品の化学合成が難しかった19世紀初頭。西洋医学の外科手術を実現するために、麻酔効果をもつ漢方薬を調合するという境界を超えた青洲の柔軟な姿勢がなければ、世界初の全身麻酔を用いた外科手術は成功しなかったでしょう。

現在でも使われている薬をつくった

image by iStockphoto

明治以降、それまで主流だった漢方医学は非科学的なものとされ西洋医学が日本における医学の正統とされました。しかし天然で発見される化学物質の医学への応用が進むにつれ、生薬を用いる漢方薬の効果も次第に見直され、1976年からは健康保険も適用されるようになっています。

実は青洲、現在も日本で処方されている漢方薬の考案者でもあるんです。そのうちのいくつかをご紹介しましょう。「十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)」は、皮膚疾患や湿疹、水虫等に効果があるとされる飲み薬。「中黄膏(ちゅうおうこう)」は、やけどやすり傷、痔にも効果のある軟膏。「紫雲膏(しうんこう)」はやけどや痔に効く軟膏です。

\次のページで「青州を支えた家族ってどんな人」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share:
チロ