日本史飛鳥時代

5分でわかる「遣隋使」隋ってどこ?なぜ隋に行く必要があった?歴史オタクがわかりやすく解説

よぉ、桜木健二だ。今回は飛鳥時代に行われた「遣隋使」は知っているか?奈良時代の重要な出来事で、あの聖徳太子(厩戸王)も関わっている。しかし、遠く離れた隋へ命がけで出かけていくわけだが、いったいなにをしに行ったんだろうな?
今回はその「遣隋使」について、相手国である隋についても交えながら歴史オタクのライターリリー・リリコと一緒にわかりやすく解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字
riri_ririco

ライター/リリー・リリコ

興味本意でとことん調べつくすおばちゃん。座右の銘は「何歳になっても知識欲は現役」。大学の卒業論文は義経をテーマに執筆。大河ドラマや時代ものが好き。今回は過去にさらっと解説した「遣隋使」をより詳しくまとめた。

ID: ↑パーツ内本文:103文字

1.遥か海の向こう、隋へ!

image by PIXTA / 80685470

592年、飛鳥(現在の奈良県高市郡明日香村付近)に都がおかれて始まった「飛鳥時代」。最初の天皇は、初の女性天皇となった「推古天皇」でした。しかし、女性天皇であるために天皇を補佐する摂政という役職もまた初めて設けられることになります。そうして、摂政となったのが「聖徳太子(厩戸王)」でした。

摂政就任後、聖徳太子はさっそく新しい制度を朝廷に導入します。それが603年の「冠位十二階」、604年の「十七条の憲法」。そして、さらにアジアの超大国「隋」へ朝貢を行った「遣隋使」です。今回は「遣隋使」について解説していきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:261文字
ID: ↑パーツ内本文:0文字
ID: ↑パーツ内本文:0文字

聖徳太子の「冠位十二階」と「十七条の憲法」

遣隋使も重要ですが、「冠位十二階」と「十七条の憲法」も大事なので、ここで軽く解説しておきましょう。

603年に設けられた「冠位十二階」。これは日本初の位階制度です。冠の色によって階級を表すものでしたが、実は、ただ色分けして階級をわかりやすくしただけではありません。当時の朝廷の役職は世襲で親から子へと受け継がれていくものでした。聖徳太子はこの世襲制度を打破し、身分の貴賤に関わらず能力のある人間や功績を上げた人を役人にして活躍してもらおうとしたのです。

翌年の604年に制定されたのが「十七条の憲法」。読んで字のごとく十七個の条文で構成される憲法です。ただ、憲法と言っても現代の憲法とは少し違い、国民が守るべき法律(最高法規)ではなく、当時の役人に向けられた「役人の心得」でした。そのなかでもとくに重要なのが三つ。「一に曰く、和をもって貴しとなし」は豪族同士の争いがひどかったため、みんな仲良くやりなさい、というもの。「二に曰く、篤く三宝を敬え」は三宝(仏、宝、僧)、つまり仏教とその教え、そして僧侶を大事にしなさい、ということ。「三に曰く、詔を承りては必ず謹め」は天皇の命令に絶対に従いなさい、という意味でした。天皇を中心とした政治を行おうという意図がわかりますね。

ID: ↑パーツ内本文:536文字
ID: ↑パーツ内本文:0文字
次のページを読む
1 2 3
Share:
riri_ririco