この記事ではモラルとマナーの違いについてみていきます。どちらも社会に出ると必要で、違反すると相手に失礼な場合があるよな。違いはずばり主観的か客観的かのようですが、意味・使い方・必要性が違うなど調べてみるといろいろあるみたいです。
今回はそんな社会人に欠かせない、モラルとマナーの違いを定義から確認しつつ、雑学好きライターの熊家と一緒に解説していきます。

ライター/熊家

現在ライターとして、さまざまな分野で活動している。文学や歴史などのジャンルが得意で、これまで多くの記事を執筆してきた。この経験を生かし文学や歴史、雑学などの知識を分かりやすく解説していく。

ざっくりモラルとマナーの違いは?

image by iStockphoto

モラルとマナーは、どのような違いがあるのでしょうか。意味の違いは何か、言葉の由来は何かなど気になるでしょう。はじめにモラルとマナーの違いについて、ざっくりご紹介します。概要が分かりましたら、詳しく見ていきましょう。

モラル:論理・道徳・習俗

モラルは論理・道徳・習俗を表します。「モラル」の由来は習俗や風習を意味する、ラテン語の「mores(モーレス)」です。文化史的に固有の意味を持つ言葉なので、原語のまま用いられています。意味は「良心や内心によって生み出される、個人の決断」です。

マナー:行儀・作法・品格

マナーは行儀・作法・品格を表します。噛み砕いてお伝えすると、人との関わりの中で、しかるべきとされる行儀や作法のことです。マナーは国や民族、文化や時代、宗教などさまざまな習慣によって、形式が異なります。

ある国では美徳とされていることが、他の国では不快に思われることがあるので、注意が必要です。事前にその国のマナー情報を、知っておくことをおすすめします。

特徴1:意味の違いは?

image by iStockphoto

モラルとマナーは、どのような意味の違いがあるのでしょうか。一言でどのような意味か、反対語や類義語はあるのかなど気になるでしょう。この章では、モラルとマナーの意味の違いをご紹介します。具体的に意味の違いを知りたい方は、必見の内容です。

\次のページで「モラル:良いか悪いかのものさし」を解説!/

モラル:良いか悪いかのものさし

モラルの意味は「良いか悪いかのものさし」です。また、正しいか正しくないかを、道徳的に測る基準ともいえるでしょう。その尺度は、「人として、社会人としてどうか」です。他にも、モラルには「インモラル」「不道徳」「みだらなさま」という反対語があります。

マナー:社会全体で守った方が良い行動

マナーの意味は「社会全体で守った方が良い行動」です。「守った方が」とあるように、明確な基準ではありません。違反しても罰則を受けることはないでしょう。つまり、マナーの尺度としては、類義語である「ルール」よりも厳格さがありません。

特徴2:使い方の違いは?

モラルとマナーでは、どのような使い方の違いがあるのでしょうか。使われる場面や、正しい使い方は何か気になるでしょう。この章では、モラルとマナーの使い方についてご紹介します。モラルとマナーを正しく使いたいという方は必見です。

モラル:個々の主観

モラルは個々の主観によって、使い方が変わります。その理由は「自分の体験や、憶測から生じるものだから」です。自分の中にある道徳心から、生まれるものといえるでしょう。つまり、モラルとは主観的に使うものになります。

マナー:客観から形式づけられる

マナーは、客観から形式づけられて使われます。噛み砕いてお伝えすると、自分から発信したものではなく、客観的に見た常識です。まだ少し分かりづらいという場合は、マナーを「思いやり」や「心遣い」と解釈すると、分かりやすくなるかもしれません。

特徴3:必要性の違いは?

モラルとマナーは、どのような必要性の違いがあるのでしょうか。どのような効果があるのか、違反するとどうなるのかなどが気になるでしょう。この章では、モラルとマナーの違いについてご紹介します。モラルとマナーの重要性が分かるでしょう。

\次のページで「モラル:信用問題」を解説!/

モラル:信用問題

モラルが必要な理由は、信用問題に繋がるからです。というのも、モラルは時に法律をも超越する効果があります。具体的なモラル違反の例は「浮気」です。今まで信用を積んできても、1度浮気することで信用度は、マイナスになってしまいます。つまり、法では許されても、モラルとしては許されないということです。

マナー:社会人にとって必須

マナーが必要な理由は「社会人にとって必須なことだから」です。というもの、一般的なマナーを守ることは、仕事する上では欠かせません。マナーが守られていなければ、お客様や取引先などに迷惑をかけてしまう可能性があります。このように、マナー違反は法で裁かれないといっても、必要不可欠な事柄です。

モラルとマナーの具体例は?

image by iStockphoto

モラルとマナーは、どのような具体例があるのでしょうか。具体例から何が分かるのか、日常的にあることなのかなどが気になるでしょう。この章では、モラルとマナーの具体例をご紹介します。

今回紹介する具体例はほんの一部なので、場面ごとに注意したいモラルやマナーを一覧にしておくと分かりやすいでしょう。

誹謗中傷や言葉遣いが例にあげられる

モラルとマナーの具体例をご紹介します。モラルの場合は「ネット上で誹謗中傷の書き込みをしない」です。匿名のやり取りだとしても、自分も相手も快適にネットを使用するために守る必要があります。

続いて、マナーの場合は「言葉のマナー」です。初対面の人と話す際、丁寧に話すことは、日本人の慣習となっています。この慣習に従うことで、対人関係が円滑になるでしょう。このように、モラルもマナーも相手がいることで生まれる事柄だとわかります。

モラルとマナーの違いは「主観的か客観的か」

モラルとマナーの違いは「主観的か客観的か」です。モラルの意味は「良いか悪いかのものさし」で、個々の主張として使われます。マナーの意味は「社会全体で守った方が良い行動」で、客観的に形式づけられて使われるのが特徴です。他にも、モラルは信用問題が関係していて、マナーは社会人として重要という必要性があります。

" /> 3分でわかるモラルとマナーの違い!意味や使い方・必要性の違いなどを雑学好きライターが詳しくわかりやすく解説 – Study-Z
言葉雑学

3分でわかるモラルとマナーの違い!意味や使い方・必要性の違いなどを雑学好きライターが詳しくわかりやすく解説

この記事ではモラルとマナーの違いについてみていきます。どちらも社会に出ると必要で、違反すると相手に失礼な場合があるよな。違いはずばり主観的か客観的かのようですが、意味・使い方・必要性が違うなど調べてみるといろいろあるみたいです。
今回はそんな社会人に欠かせない、モラルとマナーの違いを定義から確認しつつ、雑学好きライターの熊家と一緒に解説していきます。

ライター/熊家

現在ライターとして、さまざまな分野で活動している。文学や歴史などのジャンルが得意で、これまで多くの記事を執筆してきた。この経験を生かし文学や歴史、雑学などの知識を分かりやすく解説していく。

ざっくりモラルとマナーの違いは?

image by iStockphoto

モラルとマナーは、どのような違いがあるのでしょうか。意味の違いは何か、言葉の由来は何かなど気になるでしょう。はじめにモラルとマナーの違いについて、ざっくりご紹介します。概要が分かりましたら、詳しく見ていきましょう。

モラル:論理・道徳・習俗

モラルは論理・道徳・習俗を表します。「モラル」の由来は習俗や風習を意味する、ラテン語の「mores(モーレス)」です。文化史的に固有の意味を持つ言葉なので、原語のまま用いられています。意味は「良心や内心によって生み出される、個人の決断」です。

マナー:行儀・作法・品格

マナーは行儀・作法・品格を表します。噛み砕いてお伝えすると、人との関わりの中で、しかるべきとされる行儀や作法のことです。マナーは国や民族、文化や時代、宗教などさまざまな習慣によって、形式が異なります。

ある国では美徳とされていることが、他の国では不快に思われることがあるので、注意が必要です。事前にその国のマナー情報を、知っておくことをおすすめします。

特徴1:意味の違いは?

image by iStockphoto

モラルとマナーは、どのような意味の違いがあるのでしょうか。一言でどのような意味か、反対語や類義語はあるのかなど気になるでしょう。この章では、モラルとマナーの意味の違いをご紹介します。具体的に意味の違いを知りたい方は、必見の内容です。

\次のページで「モラル:良いか悪いかのものさし」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: