地学地球地質・歴史宇宙理科

地球の直径を計算してみよう!始めて計算した人物とは?計算方法も理系大学生が解説

よぉ、桜木建二だ。俺たちの住む地球。その大きさは想像を絶するもので、直径で表現するとおよそ1万2000㎞と言われているそうだ。桁大きすぎて、あっけにとられたかもしれないな。ところでお前たちは、この手の話を聞いてこう思ったことはないか。「一体どうやって誰がいつごろ地球の大きさを知ったのか」、と。この記事を読むとこれらの疑問が解決するとともに、実際に自力で計算することもできるようになるぞ。今回は、現役理系大学生のライターアルゴスと一緒に解説していくから、ぜひ最後まで見ていってくれ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字

ライター/アルゴス

現役の理系大学生。数学の教員免許取得を目指しているが、専攻は地球惑星科学。

ID: ↑パーツ内本文:37文字

地球の直径を始めて計算した人や経緯とは?

image by iStockphoto

地球の直径を始めて計算した人は、エラトステネスと言われています。彼は数学者でもあり、天文学者でもありました。彼はエジプトのアレクサンドリアとシエネの2地点でできる影のでき方の違いに着目して、そこから地球一周の長さを求め、その後地球の直径を求めました。ここからは、より具体的に解説していきます。

ID: ↑パーツ内本文:146文字

最初に地球の直径を求めた人は?

まず初めにどんな人が地球の直径の値を求めたのか誰なのか、そしてどんな人物なのかについて解説していきます。

ID: ↑パーツ内本文:52文字

最初に計算した人はエラトステネス

Eratosthenes.jpg
パブリック・ドメイン, リンク

地球の直径を初めて計算した人は、エラトステネスと言われています。彼は数学者でもあり、天文学者でもありました。例えば、皆さんが中学校で習う「エラトステネスの篩」は、彼の数学者としての功績でしょう。

彼は2200年前に活躍していた学者であることから、地球の大きさは2200年も前に判明していたことになります。このことは驚きの事実かもしれませんが、それが実現したのは地球の大きさの計算方法がとても簡単だからでしょう。

ID: ↑パーツ内本文:206文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

2000年以上前の人物が、地球の大体の大きさをわかっていたのは、驚いたんじゃないか?次の章では、実際に地球の直径を求めるときに必要な考え方について解説していくぞ。

ID: ↑パーツ内本文:81文字

エラトステネスはどうやって地球の直径を求めたのか

最初に地球の直径を知った人やその時期に関しては、説明しました。そこで次は、彼がいかにして地球の直径を知ったのかという経緯について迫っていこうと思います。

ID: ↑パーツ内本文:76文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share: