生き物・植物雑学

3分で簡単ガチョウとアヒルの違い!見た目の特徴は?白鳥との違いまで生き物好きライターが詳しくわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。この記事ではガチョウとアヒルの違いについてみていくぞ。どちらも羽が白くシルエットも似ているため、違いが分かりづらいイメージがあるよな。違いはずばり原種のようだが、細かく見た目などを調べてみるといろいろ違いがあるみたいだ。
今回はそんなガチョウとアヒルの違いを、まずどんな鳥が元になっているのかを確認しつつ、生き物好きライター田嶋と一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/田嶋あこ

生き物の観察が好きなWebライター。生き物をモチーフにしたイラストなども描いている。様々な視点から違いを詳しく解説。

ガチョウとアヒルのざっくりした違いは?

image by iStockphoto

ガチョウとアヒルは日本でも見ることができる鳥です。最近ではペットとしても人気がでてきていますが、見た目が似ていてどっちがどっちなのか分からないという方も多いのではないでしょうか?

まずはざっくりした違いとして、それぞれどんな鳥を元に誕生したのか原種の違いをみていきましょう。

ガチョウ:ガンを原種とした鳥

ガチョウは野生の雁(ガンまたはカリ)を人間が育てたことによって生まれた鳥です。カモ目カモ科ガン亜科の総称で、ガチョウの原種となるのは「ハイイロガン」や「サカツラガン」という種になります。

ハイイロガンはの生息地は川・湖・水田など。世界に広く分布している鳥です。名前の通り羽の色は全体的に灰色で、足やくちばしはピンク色をしています。

サカツラガンは、川・湖・湿った草原などに生息。アジアやロシアの南東でよく見られる鳥です。頭から首の後ろにかけて入っている濃い茶色がポイント。全体的に茶系の色味をしていますが、くちばしは黒く足はオレンジ色です。

分布している範囲が広いこともあり、ハイイロガンを元にしたガチョウが多い傾向にあります。中国ではサカツラガンを元に改良した「シナガチョウ」も有名です。

アヒル:マガモを原種とした鳥

アヒルは野生の真鴨(マガモ)を人間が育てたことによって生まれた鳥です。カモ目カモ科マガモ属に分類されます。カモの仲間は沢山いますが、マガモはその中でも代表的存在です。

マガモの生息地はアジア・ヨーロッパ北部・北アメリカの森林など。日本でも冬になると池や湖の他に、川や海などで見ることができます。

オスとメスで見た目の色味が大きく変わるのも特徴です。オスは頭が緑でくちばしは黄色、胸や背中が茶色でお腹は淡い茶色。メスはベースが淡い茶色で、黒い斑模様が全体的に入っています。

このマガモを飼育改良したものがアヒルと呼ばれているのです。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

ガチョウとアヒルは羽が白く、見た目が似ている鳥だが元となる鳥の種類が違う。ガチョウは雁が原種でアヒルはマガモが原種だ。似ているようで全く違う鳥ということになるな。

ガチョウとアヒルの様々な違いをチェック!

image by iStockphoto

元となった鳥の種類以外にも、ガチョウとアヒルには違いがあります。細かな見た目や家畜となった歴史、何を食べているかなど様々な視点から違いを詳しくみていきましょう。

\次のページで「ガチョウとアヒルの「見た目」の違い」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: