IT・プログラミング雑学

3分でわかるハッカーとクラッカーの違い!言葉の意味や行っていること・所属している組織などを雑学好きライターが詳しくわかりやすく解説

この記事ではハッカーとクラッカーの違いについてみていきます。どちらもパソコンに関する高度なスキルを持っていて、中には犯罪者というイメージがあるかもしれない。違いはずばり善意と悪意のようですが、言葉の意味によって種類・行っていることが違うなど調べてみるといろいろあるみたいです。
今回はそんな日本のネットワークにも欠かせない、高度なスキルの持ち主の違いを定義から確認しつつ、雑学好きライターの熊家と一緒に解説していきます。

ライター/熊家

現在ライターとして、さまざまな分野で活動している。文学や歴史などのジャンルが得意で、これまで多くの記事を執筆してきた。この経験を生かし文学や歴史、雑学などの知識を分かりやすく解説していく。

ざっくりハッカーとクラッカーの違いは?

image by iStockphoto

ハッカーと聞くと、犯罪者という印象を持つ人は多いかもしれません。しかし、クラッカーと聞いても、実態が分からないでしょう。はじめに、ざっくりとハッカーとクラッカーの違いをご紹介します。コンピュータ関連に興味のある方は必見です。

ハッカー:ネットワークやコンピュータに精通している人

ニュースや新聞などで「ハッカー」という言葉を、見たり聞いたりする機会が増えたのではないでしょうか。しかし、ハッカーは「ハッキングする悪い人」という印象を持っている人が多い傾向にあります。

実際は、ネットワークやコンピュータに精通している人のことです。最近では「悪事を働く人」という意味合いで使われますが、必ずしもそうではありません。

クラッカー:ネットワークやコンピュータを悪用するコンピュータ犯罪者

ハッキングスキルを悪事に利用する行為は「クラッキング」です。そして、そのような人たちを「クラッカー(Cracker)」と呼びます。つまり、クラッカーはネットワークやコンピュータを悪用する、コンピュータ犯罪者のことです。

近年ハッカーという名称が、コンピュータ犯罪者のイメージとなりつつあります。このイメージから、ハッカーとクラッカーを混同させないために、クラッカーという呼称がつくられました。

特徴1:言葉の意味は?

image by iStockphoto

ハッカーとクラッカーという言葉は対義語ですが、言葉の意味にどのような違いがあるのでしょうか。由来は何か、言葉の背景は何かなどが気になりますね。この章では、ハッカー・クラッカーの言葉の意味についてご紹介します。

\次のページで「ハッカー:「hack」に由来」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: