体の仕組み・器官理科生き物・植物生物雑学

鳥の耳ってどこにある?インコやフクロウの耳の秘密とは?獣医学部卒ライターがわかりやすく解説!

よぉ、桜木健二だ。突然だが、鳥の耳はどこにあるか知っているか?言われてみれば、耳がついている鳥なんてみたことないだろう。しかし、鳥の目の後ろあたりにはポカっと穴が開いており、実はこれが鳥の耳なんだ。人間やウサギのように外側にでっぱっていないためわかりにくいが、これは風の抵抗を減らすための工夫なんだぞ。今回はそんな鳥の耳について、学生時代、獣医学部で動物のことを勉強していたライターみんちが解説していこう。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/みんち

学生時代、獣医学部で動物の知識を学んだ。趣味は動物園巡り。ライターとして、初心者にもわかりやすく、質のある情報を提供できるよう、日々奮闘中。

鳥にもちゃんと耳がある!

image by iStockphoto

ぱっと見、鳥には耳がないように見えます。しかし、ちゃんと鳥にも耳がついているのをご存じでしょうか?

鳥の耳の穴「耳孔」とは?

鳥のちょうど目のうしろのあたりをよ~く見るとポカっと小さな穴があいているんです!実はそれが鳥の耳なんですよ。この穴を耳孔(じこう)といいます。

人間やウサギのように耳が外側にでっぱっていないため、普段は見えないようになっているんですね。

風の抵抗を減らす働き

なぜこんなに小さいのかというと、空を飛ぶときに風の抵抗を受けてしまうから

同じ理由で、クジラやイルカなども、私たちと同じ哺乳類なのに耳のでっぱりがありませんよね。これは泳ぐときに水の抵抗を減らすためだったんですね。

人間の耳との違いとは?

image by iStockphoto

鳥にもちゃんと耳がついていることはわかりましたが、果たしてちゃんと聞こえているんでしょうか?まずは耳の構造についてみていきましょう。

鳥の蝸牛はまっすぐ!

人間やウサギのような外側に飛び出た部分を耳介(じかい)といいます。耳介はあらゆる方向から来る音を集めて鼓膜へと伝える器官です。

そして耳の奥には、音を聞くための器官である蝸牛(かぎゅう)があります。蝸牛はかたつむりのような形をしており、音の刺激を受け取る非常に重要な部位

 

鳥の耳には耳介はありませんが、蝸牛はあるんですよ。鳥の蝸牛はちょっと変わった形をしており、かたつむり状ではなく、ほとんどまっすぐ。蝸牛があることで、鳥はちゃんと音が聞こえていたんですね。

\次のページで「鳥は耳がいい?悪い?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: