理科生物生物の分類・進化

自然選択説とは?中立説との違いや具体例についても現役理系学生がわかりやすく解説

みんなは自然選択説とはどいう学説なのか知っているか。生物進化を起こす大きな要因でありますが、果たしてどのような役割を果たすのでしょうか。今回は、自然選択説とは何か、具体的な実例や中立説との違い、今日の進化の考え方について生物に詳しいライターききと一緒に解説していきます。

ライター/きき

大学生の頃は農学部に所属し植物のことを勉強した。現在は大学院に進学し植物のことを研究中。生物や植物の面白さを伝えられるライターを目指している。

自然選択説って何?

image by iStockphoto

「自然選択説(しぜんせんたくせつ)」もしくは「自然淘汰説(しぜんとうたせつ)」は、ダーウィンが唱えた、自然選択によって生物は進化するという説です。「自然選択」とは、ある集団にいる個体のうち、少しでも有利な形質を持つ個体が生き残り、子孫を多く残すことを言います。

自然選択は温度や降水量、食物や捕食者の存在などの「選択圧」によって引き起こされるのです。また、ある生物の集団が世代を重ねるごとに、環境に対応した形質を持つ集団になることを「適応進化」と呼びます。

 

そもそも、「進化」とは生物の形質が長い年月をかけて徐々に変化することです。そして、その進化は「遺伝子の変異」と「自然選択」によって引き起こされます。

自然選択が起こるプロセスとは?

自然選択は進化を引き起こす要因の1つであることを学びましたね。

それでは、自然選択が起こるまでにどういった過程を経るのでしょうか。ここでは、自然選択に至るまでのプロセスについて解説していきます。

1. 個体間の形質に変異が生じる

同じ種の中でも個体間には様々な形質があります。実は、この違いは「突然変異」によるものなのです。生物は子供をつくる時、親の遺伝子がコピーされて、それが子供に引き継がれるのですが、そのコピーで時々わずかなミスが生じてしまいます。このミスが「突然変異」に当たるのです。これにより、同じ種でも少しずつ形質が異なってきます。

2. 形質が遺伝する

突然変異した遺伝子の中には、次の世代に引き継がれるものがあり、この引き継ぐことを「遺伝する」と言います。進化が起こるには、遺伝子で決まる形質が世代を経て伝えられる必要があるのです。

\次のページで「3. 生存や生殖に有利な形質が生き残る」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: