体の仕組み・器官理科環境と生物の反応生物

生理食塩水はただの塩水ではない?濃度や作り方、特徴を現役研究者がわかりやすく解説!

今回は「生理食塩水」について見ていこう。生理食塩水は医療や実験など様々な場面で使用されているが、これからの時期は花粉症にも有効です。この記事では生理食塩水について、大学で生物学について研究し、現在も研究者として活動しているライターポスドクランナーと一緒に解説していきます。

ライター/ポスドクランナー

大学院で体の仕組みについて研究し、現在も研究者として活動を続け多くの研究成果を出すべく日々奮闘している。

生理食塩水ってどんなもの?ザックリと解説

Otsuka Normal Saline.JPG
靖太郎投稿者自身による作品, CC 表示-継承 4.0, リンクによる

食塩(塩化ナトリウム)は血清の無機成分の90%以上を占め、細胞外液の浸透圧の維持に係る主要な因子です。ヒトの体液とほぼ等張に作られた食塩水を生理食塩水(英語ではSaline、実験ではPBS)と呼びます。生理食塩水は体液と等張であることにより、ヒトの細胞との親和性が高いです。

また、それぞれの生物の血液と等張に調製した食塩水を、生理的食塩水と言います。例えば、私たち哺乳類では0.85~0.9%の濃度に調製された食塩水が生理食塩水になりますが、両生類などの冷血動物では0.6 ~0.7%程度です。

生理食塩水はなぜいいのか?

生理食塩水は体液の浸透圧と同じであるため、浸透圧調節による細胞への水分の流出や流入が起こりにくく、細胞との親和性が良い液体です。細胞への負担があまりないなく、体にやさしい塩水と考えられています。そのため、医療の現場でも使用されているのです。

浸透圧調節の効果がある

浸透圧調節の効果がある

image by Study-Z編集部

浸透圧とは液体が半透膜越しに水を引き込む力のことです。例えば、濃度の異なる水を半透膜で隔てると、水は半透膜を自由に移動しますが電解質は通さないため、濃度の低い方(浸透圧の低い)から濃度の高い方(浸透圧の高い)に水が移動します。その結果、濃度の低い方は水が減り濃度が上がり、濃度の高い方は水が増えることで濃度が下がり、見かけ上は同じ濃度(浸透圧も同じ)になるのです。浸透圧を一定に保つための調節作用を浸透圧調節といいます。

私たちの体のなかでも浸透圧調節は行なわれおり、私たちの体液ではナトリウムが電解質としてその役割を果たしているのです。

浸透圧調節が崩れると細胞が水分を含みすぎて膨張し、破裂したり、逆に水分が失われてしまいます。そのため体液と等張である生理食塩水は浸透圧を保つために重要になのです。

生理食塩水は脱水症状に有効

生理食塩水は体が脱水時の水分補給にも有効です。医療の現場では脱水症状気味の患者さんに生理食塩水を点滴で投与することもあります。私たちの体の60パーセントから70パーセントは水分でできており、常に水分を十分に摂取する必要がありますが、効率的な水分補給には体への浸透しやすさが大事だからです。

また、経口補水液やスポーツドリンクなどの糖分とナトリウムを含んだ飲料が運動などの汗をかいた際の給水に推奨される理由には、主に2つあります。体液を等張に保つために必要なナトリウムが含まれているので汗で失われたナトリウムを補給できることと、糖分が含まれていることで腸管での水分吸収をが促進されることです。主要な糖であるブドウ糖は、腸管内でナトリウムが同時にあると速やかに吸収され、それらに引っ張られ水分も吸収されるというのがそのメカニズムになります。

なぜ水ではダメなの?

普段生活しているときの水分補給は水でも問題ないですが、運動で汗を大量にかいたときなどはダメです

汗を大量にかいたときは水分と同時に血液中のナトリウムも一緒に放出されています。水だけを飲むと血液のナトリウム濃度が薄まってしまい、体は水を飲まないようにしたり、余分な水分を尿として排泄することで、血液中のナトリウム濃度を保とうとするのです。その結果、汗をかく前の体液の量を回復できなくなり、血液循環などの体の基本的な機能や運動能力の低下、体温上昇などが起こり熱中症に繋がってしまいます。

そのため、失ったナトリウムを補給するためにも生理食塩水の方が水よりも適しているのです

\次のページで「生理食塩水の作り方」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: