理科生き物・植物生態系生物

二次遷移とは?特徴や一次遷移との違いについて現役理系学生がわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。みんなは「二次遷移」という用語を聞いたことはあるか?よく一次遷移とセットで聞くが、これら2つの違いを説明できるだろうか。今回は二次遷移の特徴、一次遷移との違い、人間による二次遷移の利用などについて生物に詳しいライターききと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/きき

大学生の頃は農学部に所属し植物のことを勉強した。現在は大学院に進学し植物のことを研究中。生物や植物の面白さを伝えられるライターを目指している。

二次遷移って何?

image by iStockphoto

そもそも遷移(せんい)とは何を意味するのでしょうか。生物学での遷移とは、ある地域に生育する植物群落(植生)が長い年月をかけて、個体数や種が変化することを意味します。シンプルに言うと、「裸地から森林が形成されるまでの一連の流れ」ということです。

そんな遷移の中でも、山火事、洪水、がけ崩れ、森林伐採などによって、そこに生息していた植物たちが消滅した後に起こる遷移のことを「二次遷移(にじせんい)」と言います。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

二次遷移があるならば、一次遷移もあるということだな。この後は、一次遷移の遷移過程について解説するぞ。

一次遷移の遷移過程とは?

一次遷移の遷移過程とは?

image by Study-Z編集部

二次遷移は植生が人為的、もしくは自然的な要因で破壊された後に起こる遷移のことでしたね。

一方、「一次遷移」とは火山活動や地殻変動などで生じた、生物が侵入したことがない場所から始まる遷移のことです。生物が全く存在しない場所における遷移の過程は以下のように進みます。

1.  裸地:地衣類やコケ類が侵入する。

2.  草原:草本類の植物が生長し始める。

3.  低木林:強光下で育つ陽樹の低木が出現する。

4.  陽樹林:低木だった陽樹が成長し成熟する。

5.  混交林:森林の下部の光不足により陰樹が誕生する。

6.  陰樹林(極相林):陰樹が主に生息する。

陰樹林になると、植生が安定します。この状態のことを植物学者のフレデリック・クレメンツによって「極相」と名付けられました。

なお、上記の図に示されている植物例は温暖な地域に生息しているものです。気候条件によって植生が変わることを頭に入れておいてください。

\次のページで「一次遷移と二次遷移の違いと共通点」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: