暮らし雑学

3分でわかるスーパー銭湯と銭湯の違い!種類や金額・設備の違いなどを雑学好きライターが詳しくわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。この記事ではスーパー銭湯と銭湯の違いについてみていくぞ。どちらも疲れを癒したり、ご褒美で浸かったりするイメージがあるよな。違いはずばり条約のようだが、種類によって金額・設備が違うなど調べてみるといろいろあるみたいだ。
今回はそんな日本人の癒しに欠かせないお風呂の違いを、定義から確認しつつ、雑学好きライター熊家と一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/熊家

現在ライターとして、さまざまな分野で活動している。文学や歴史などのジャンルが得意で、これまで多くの記事を執筆してきた。この経験を生かし文学や歴史、雑学などの知識を分かりやすく解説していく。

ざっくりスーパー銭湯と銭湯の違いは?

image by iStockphoto

スーパー銭湯と銭湯は、どのような違いがあるのでしょうか?「スーパー」とつくので、規模が大きくなるのか、金額に違いがあるのか気になりますね。はじめに、ざっくりスーパー銭湯と銭湯の違いをご紹介します。お風呂が好きな方は必見です。

スーパー銭湯:銭湯と健康ランドの間

スーパー銭湯は、銭湯と健康ランドの中間的存在です。施設規模や利用料金が、ちょうど中間になります。銭湯よりは少し規模が大きくなるでしょう。日本における、公衆浴場の一種です。日帰り入浴施設に含まれ、幅広い層の方が利用しています。

銭湯:「風呂屋」「湯屋」と呼ばれる

銭湯は「風呂屋」「湯屋」と呼ばれます。銭湯もスーパー銭湯と同じく、公衆浴場の一種です。スーパー銭湯より、地域に密着しています。ボイラーで大量の湯を沸かす、高い煙突がシンボルです。銭湯の方が、スーパー銭湯より歴史が長くなります。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

スーパー銭湯と銭湯以外に、温泉はどのような違いがあるのだろうか?温泉は源泉から湧き出た時の温度が、25℃以上になる。25℃以下でも、国が定めた19の成分の中から、1つ以上が規定量以上含まれていても温泉といえる。環境省が管轄する「温泉法」に当てはまれば、温泉になるんだな!

特徴1:分類の違いは?

image by iStockphoto

スーパー銭湯と銭湯は、どのような分類の違いがあるのでしょうか。同じ公衆浴場であることは分かりましたが、その中で分類が分けられているようです。この章では、スーパー銭湯と銭湯の分類の違いについてご紹介します。

\次のページで「スーパー銭湯:その他の公衆浴場」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: