国語言葉の意味

【慣用句】「声を潜める」の意味や使い方は?例文や類語を読書家Webライターがわかりやすく解説!

この記事では「声を潜める」について解説する。

端的に言えば声を潜めるの意味は「声を小さくする」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

多くの学術書を読み、豊富な知識をもつハヤカワを呼んです。一緒に「声を潜める」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/ハヤカワ

学術書を中心に毎年100冊以上の本を読む、無類の本好き。人にさまざまな影響を与える言語、それ自体に強い興味をもち、言葉の細やかな表現にも並々ならないこだわりをもっている。

「声を潜める(こえをひそめる)」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「声を潜める」の意味や語源・使い方を一覧でご紹介していきます。またその他「声を潜める」は分類としては日本語の慣用句であるという点も抑えておきましょう。

「声を潜める」の意味は?

「声を潜める」というキーワードを辞典・辞書・事典、ネット上のWebサイト、無料データベースサービス「コトバンク」で用語検索してみると、次のような記載があります。こちらの引用をまず確認していきましょう。

1.他人に聞こえないように声を小さくする。「—・めて良からぬ相談をする」

出典:デジタル大辞泉(小学館)「声を潜める」

「声を潜める」は他人に聞こえないよう声を小さくすることを意味する慣用句です。単に声を小さくするのではなく、声を他人に聞こえないようにするというニュアンスに注意しましょう。周囲に聞かれれば不味い話などをする際、周りに聞こえないような声の小ささで話す様子などを表します。

声を潜めて話し合い、謀略を巡らす。「声を潜める」はこうした場面において使われている言葉となっています。「声を潜める」は書籍・新聞等の文章中などを中心として、現在でも使われている言葉です。この機会にしっかりと意味・用法を捉えて、自身の語彙力を高めていきましょう。

「声を潜める」の語源は?

次に「声を潜める」の語源を確認しておきましょう。残念ながら「声を潜める」の語源に関する情報は、現在明確に分かっていません。そのため現在「声を潜める」の語源は分かっていないと覚えておきましょう。声を潜めるは「声」・「潜める」という2種類の単語を組み合わせて生まれました。

「声」はそのまま言葉を出すことを表しています。「潜める」は静かになり目立たなくなることを意味する言葉です。「声を潜める」はこれら2種類の単語を組み合わせて、言葉を小さくし目立たなくさせる様子を表す言葉となりました。言葉を構成している単語の意味から、より深く言葉の意味を捉えていきましょう。

\次のページで「「声を潜める」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: