国語言葉の意味

【慣用句】「生き恥を曝す」の意味や使い方は?例文や類語を元校閲者がわかりやすく解説!

この記事では「生き恥を曝す」について解説する。

端的に言えば「生き恥を曝す」の意味は「生き長らえたばかりに恥をかく」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

建設系広報誌の企画や校閲を6年経験したMaicodoriを呼んです。一緒に「生き恥を曝す」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/Maicodori

建設系広報誌の企画・校閲などに6年以上携わり、言葉の意味や使い方を調べることが得意なWEBライター。年間100冊を超える豊富な読書量も活かし、「生き恥を曝す」の意味をわかりやすく伝える。

「生き恥を曝す」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 85235857

それでは早速「生き恥を曝す」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「生き恥を曝す」の意味は?

「生き恥を曝す」には、次のような意味があります。

死ぬべきときに死なず、生き長らえたばかりに恥をかく。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「生き恥を曝す

「生き恥を曝す」は「いきはじをさらす」と読み、死期に生き延びたばかりに恥をかいてしまう際に使用する言葉です。生死に関わる事象でなくとも、例えば仕事やスポーツなどの何かの物事の終わりを「死」として使用することができます。「曝す」という漢字は現代ではなかなか見かけませんから、しっかり読み書きできるようにしておきましょう。

なお「恥を曝す」は「公衆の面前で恥をかく。自分の恥を大勢の人に知られる。」という意味ですから、「生き恥を曝す」も社会や世間、公衆といった比較的広い対象に恥をかくというニュアンスがあることがわかりますね。

「生き恥を曝す」の語源は?

次に「生き恥を曝す」の語源を確認しておきましょう。「生き恥を曝す」の語源は明確ではありませんが、2つの言葉がくっついた慣用句ですから、それぞれの意味を確認してみます。

まず「生き恥」は「この世に生きているために受ける恥。」という意味ですね。次に「曝す」は「広く人目に触れるようにする。」という意味となります。

そのため「生き恥を曝す」を丁寧に言い回すと、「この世に生きているために受ける恥を広く人目に触れるようにする」となることがわかりますね。

「生き恥を曝す」の使い方・例文

「生き恥を曝す」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

\次のページで「「生き恥を曝す」の類義語は?違いは?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: