国語言葉の意味

【慣用句】「胸が焼ける」の意味や使い方は?例文や類語を元校閲者が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「胸が焼ける」について解説する。

端的に言えば「胸が焼ける」の意味は「胃のあたりが熱い」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

建設系広報誌の企画や校閲を6年経験したMaicodoriを呼んだ。一緒に「胸が焼ける」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字

ライター/Maicodori

建設系広報誌の企画・校閲などに6年以上携わり、言葉の意味や使い方を調べることが得意なWEBライター。年間100冊を超える豊富な読書量も活かし、「胸が焼ける」の意味をわかりやすく伝える。

ID: ↑パーツ内本文:92文字

「胸が焼ける」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 68762256

それでは早速「胸が焼ける」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。…などと文章を始めてください。(文章を増やす場合は200字程度まで)

ID: ↑パーツ内本文:74文字

「胸が焼ける」の意味は?

「胸が焼ける」には、次のような意味があります。

ID: ↑パーツ内本文:23文字

胃のあたりが熱く感じられる。胸焼けがする。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「胸が焼ける

胃から突き上げてくる、焼けつくような感じや疼痛(とうつう)に似た感覚。嘈囃(そうそう)。むなやけ。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「胸焼け

ID: ↑パーツ内本文:118文字

「胸が焼ける」は「むねがやける」と読み、胃のあたりが熱く感じられる際に使用する言葉です。使用する状況の大体が気持ち悪かったり痛かったりする場面でしょう。その原因となるのは病気なこともありますし、飲み過ぎたり油っぽいお肉を食べ過ぎたりしたことが原因となることもありますね。

口語では「胸焼け」の方が使用することが多いかもしれません、意味を合わせて上述しておきました。意味の中にある「疼痛」や「嘈囃」もしっかり読み方を覚えておきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:218文字

「胸が焼ける」の語源は?

次に「胸が焼ける」の語源を確認しておきましょう。「胸が焼ける」の語源は明確ではありませんが、2つの言葉がくっついた慣用句ですから、それぞれの意味を確認してみます。

まず「胸」はここでは「胃」ですね。一般的に「胸」は胸部ですが、胃を指す意味も有しています。次に「焼ける」は「食物が胃にたまったりして胸の中が熱く感じる。」の意味です。

そのため「胸が焼ける」を丁寧に言い回すと、「(食べ物がたまったりして)胃の中が熱く感じる。」となることがわかりますね。

ID: ↑パーツ内本文:227文字

「胸が焼ける」の使い方・例文

「胸が焼ける」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

ID: ↑パーツ内本文:50文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share: