体の仕組み・器官暮らし理科生き物・植物生物

貝から真珠ができるのはなぜ?形成のメカニズムや構造・種類について獣医学部卒ライターが解説!

よぉ、桜木健二だ。小ぶりでもしっかり存在感をほこる真珠。真珠が貝からできることは聞いたことがある人もいるだろう。しかし、貝の中でどのようにして真珠ができているのかは知っているか?真珠は、貝に寄生虫や砂などの異物が入ることによって形成される。つまり、貝が異物から身を守るために、貝殻の成分で包み込んでできたものが真珠なんだ。今回はそんな真珠について形成される仕組みやその成分、歴史などを学生時代、獣医学部で動物のことを勉強していたライターみんちが解説していこう。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字

ライター/みんち

学生時代、獣医学部で動物の知識を学んだ。趣味は動物園巡り。ライターとして、初心者にもわかりやすく、質のある情報を提供できるよう、日々奮闘中。

ID: ↑パーツ内本文:70文字

真珠は貝から作られる!

image by iStockphoto

真珠と言えば、丸くて可愛らしい高級感のあるつぶ。小さいわりにしっかりと存在感をほこる宝石のイメージがありますよね。そんな真珠ですが、どのようにして作られるのか知っていますか?

真珠は貝の体内で生成される宝石で、生態鉱物(バイオミネラル)とも呼ばれます。日本ではアコヤ貝を使って真珠を養殖しているところがほとんどですね。今回はそんな真珠の生産方法について詳しく見ていきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:189文字
ID: ↑パーツ内本文:0文字

貝が真珠を形成する仕組み

貝は中に異物が入ることで真珠を形成します。一体どういうことかというと、貝の中に侵入物があった際、それを異物と判断し、貝殻の成分で異物を包み込んでしまうのです。それが真珠となって誕生するんですよ。貝が異物排除のためにとる行動で真珠が作られるなんて驚きですね。ここからはもっと詳しく真珠が作られる仕組みを解説していきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:161文字

1.貝に異物が入り込む

真珠は貝の外套膜(がいとうまく)という部位の働きによって形成されます。まず、貝の外套膜部分に寄生虫や砂のかけらなどの異物が入り込んできます。異物が入ると貝は刺激され外套膜の表面が破けてしまいます

ID: ↑パーツ内本文:98文字

2.外套膜が真珠袋を形成する

2.外套膜が真珠袋を形成する

image by Study-Z編集部

破けた膜の一部は異物と一緒に膜の中に取りこまれ、膜は異物を包み込むような形になり、これを真珠袋と呼びます。袋の内側では真珠質という成分が分泌され、これは貝殻の内側と同じ成分をしているんですよ。こうして、異物の周りに貝がらと同じ成分の層が包み込むことで真珠が形成されるんですね。真珠として採取されるまでには大きさにより7か月から2年半もの時間がかかります

ID: ↑パーツ内本文:177文字
次のページを読む
1 2 3
Share: