化学理科

アドレナリンを発見した高峰譲吉ってどんな人?功績や逸話、渋沢栄一との関係まで元米国科学教師チロが詳しくわかりやすく解説!


高峰譲吉という人物を知っているか?明治から大正にかけて世界的に活躍した化学者なのですが、一般にはあまり知られていないな。
彼の人生や業績について、大学生時代は化学専攻だったというライターチロと一緒に解説していきます。
チロ

ライター/チロ

放射能調査員や電気工事士など様々な「科学」に関係する職を経験したのち、教員の道へ。理科教員10年を契機に米国へ留学、卒業後は現地の高校でも科学教師として勤務した。帰国後は「フシギ」を愛するフリーランスティーチャー/サイエンスライターとして活躍中。

高峰譲吉は何をした人?

Jokichi Takamine.jpg
匿名 – Science history Institute [1], パブリック・ドメイン, リンクによる

高峰譲吉は明治から大正にかけて活躍した人物です。主な業績は身体機能において重要な役割を持つ副腎髄質ホルモン「アドレナリン」の発見なのですが… 譲吉は科学者・官僚・発明家・事業家と様々な顔を持つため、何をした人なのかを一言で言い表すのは難しい人物。あえて挑戦するならば「異世界転生の小説みたいな人生をリアルで送った人」でしょうか? 一体どんな人生だったのか、見ていきましょう!

高峰譲吉のドラマティックな人生

image by iStockphoto

彼の人生はまさに波乱万丈そのもの。大河ドラマにしたら絶対面白いと思いますが、あまりに波乱万丈すぎてロケやCGにめちゃめちゃお金がかかってしまいそうです。

(1) 生まれは江戸時代!

長崎市(1870年代)
内田九一 – Ebay.com, パブリック・ドメイン, リンクによる

譲吉は嘉永7年(1854)に加賀藩で藩医の息子として生まれました。そうです。なんと生まれたのは江戸時代!自由に旅行もできなかった時代でしたが、超優秀だったため慶応元年(1865)にはわずか11歳で藩から選ばれ英語の勉強のため長崎に派遣されます。

慶応元年の長崎はグラバーが日本で最初の蒸気機関を走らせたり、坂本龍馬が亀山社中を結成したりという、まさに日本の歴史の表舞台。現在で言うと小学校高学年の譲吉は、大きなカルチャーショックを受けたに違いありません。

(2) 米国人と結婚してアメリカへ移住

Mulberry Street NYC c1900 LOC 3g04637u edit.jpg
By Detroit Publishing Co. , publisher – This image is available from the United States Library of Congress‘s Prints and Photographs division under the digital ID det.4a31829. This tag does not indicate the copyright status of the attached work. A normal copyright tag is still required. See Commons:Licensing for more information., Public Domain, Link

明治維新後も学問の道をひた走り、工部大学校(現・東京大学工学部)を主席を卒業後、明治13年(1880)にはイギリスへ留学します。子どもの頃はちょんまげを結っていたはずの譲吉が、断髪令からわずか数年後には外国で大学生になっているのです。まるで異世界転生のような感覚だったに違いありません。

卒業後は帰国し農商務省の官僚になるのですが、高い英語力を買われすぐアメリカに派遣されます。そこで出会ったアメリカ人女性と恋に落ち、すぐ婚約。結構やり手ですね!その後、日本に帰国しますが、明治23年(1890)、日本での官僚としても立場を全て投げ打って渡米。目的は「化学者として一発当てること!」結構ギャンブラーな性格だったのかもしれません。

(3) 研究所を燃やされる!

image by iStockphoto

譲吉はアメリカに自分の研究所を設立し、研究生活に入ります。そこで譲吉は世界化学史・医学史に燦然と輝く画期的な発見を連発。製薬のライセンス契約によって瞬く間に億万長者に上り詰めました。さらに「日本酒の麹を利用してウイスキーを醸造する」という技術を持つ譲吉は、アメリカの酒造所にひっぱりだこ。

しかし成功者がいれば、それを妬む者がいるのも世の常。譲吉の新技術によって窮地に立たされた旧来のモルトによる醸造所の所有者たちが、暗殺を企て高嶺家を襲ったのです。幸い一家は無事に隠れることができたのですが、研究所は放火され全焼しました。

しかしその程度のことではくじけないのが譲吉のすごいところ。その後は実業家としても日米で活躍し、製薬会社三共(現・第一三共)の社長になったり、故郷富山の黒部川開発に携わったりしています。1922年にニューヨークで亡くなるまで、日米の友好のために尽力し続けた篤志家でもありました。

\次のページで「高峰譲吉のすごい業績」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share:
チロ