雑学食べ物・飲み物

3分でわかる串カツと串揚げの違い!地域や食べ方・調理方法の違いなどを雑学好きライターが詳しく解説

よぉ、桜木建二だ。この記事では串カツと串揚げの違いについてみていくぞ。どちらも手軽に食べられて、さまざまな食材が食べられるイメージがあるよな。違いはずばり具材のようだが、具材によって地域・食べ方・調理方法が違うなど調べてみるといろいろあるみたいだ。
今回はそんな揚げ物に欠かせない料理の違いを、定義から確認しつつ、雑学好きライターの熊家と一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/熊家

現在ライターとして、さまざまな分野で活動している。文学や歴史などのジャンルが得意で、これまで多くの記事を執筆してきた。この経験を生かし文学や歴史、雑学などの知識を分かりやすく解説していく。

ざっくり串カツと串揚げの違い

image by iStockphoto

串カツと串揚げの違いは、どのようなものなのでしょうか。見た目も名前も似ているので、はっきりと違いを説明できる方は、多くないかもしれません。はじめにざっくりと、串カツと串揚げの違いをご紹介します。串料理がお好きな方は必見ですよ。

串カツ:肉を揚げたもの

串カツは「肉」を具材にした料理です。ささみ・ソーセージ・牛肉の部位別などの肉を串に刺して、揚げています。具材は肉だけですが、肉の種類によって味の変化を楽しめますよ。肉・衣・ソースとの相性が良く、シンプルな味付けですが絶品です。

串揚げ:肉・野菜・魚介を揚げたもの

串カツは「肉・野菜・魚介」を具材にした料理です。肉以外にアスパラ・海老・かになどを串に刺して、短い時間でサッと揚げます。さまざまな素材の味や食感を楽しめますよ。食材に合わせて、ソース以外に調味料や果汁など、お好みのものを選べます。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

串カツ・串揚げに使われている「串」という漢字は、本当に具材に串が刺さっているように見える!「串」の漢字の意味は、「食物などを刺し通すのに使う」「ものを貫く」などの意味を持つんだ。「串」の漢字は、その一文字だけで料理が連想できて、お腹が減ってくるよな。

特徴1:よく食べられている地域は?

image by iStockphoto

串カツ・串揚げが食べられている地域は、決まっているのでしょうか。どちらも関西で食べられているイメージがあるかもしれません。この章では、串カツと串揚げが、よく食べられている地域をご紹介します。近日中に、旅行に行く予定のある方は必見です。

次のページを読む
1 2 3
Share: