雑学食べ物・飲み物

3分でわかる羊羹と水羊羹の違い!羊羹の語源は?ういろうやきんつば、すあまとの違いを雑学大好き現役大学生がわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。今回は「羊羹 水羊羹」の違いについて解説していくぞ。和菓子の定番として知られる羊羹ですが、みんなは羊羹と水羊羹の違いについて知っているか。結論から言うと、羊羹は大きく3つの羊羹に大別できそのうちの一つが水羊羹なんだ。この記事ではそんな羊羹と水羊羹の違い加え、羊羹の語源や似たような和菓子としてよく知られる「ういろう」や「きんつば」、「すあま」との違いについてを雑学大好き現役大学生ライターmmQnと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/mmQn

雑学大好きの現役大学生mmQn。普段から料理をするのが大好きで、食に関する雑学は得意分野。料理経験も活かしわかりやすく解説する。

まずは羊羹と水羊羹の定義を辞書で確認しよう!

image by iStockphoto

和菓子の代表例とも言える羊羹。中でも水羊羹と呼ばれる種類の羊羹を聞いたことや食べたことも多いと思います。みなさんは羊羹と水羊羹の違いをご存知でしょうか。まずは両者の定義から確認していきましょう。

1.羊羹:小豆を使用した餡に砂糖などを加え、蒸す又は寒天を用いて固めたもの

まず羊羹についてですが、辞書では以下のように定義されています。簡単にまとめれば、羊羹は小豆を主体とした餡に砂糖などを加え、蒸したり、寒天で固めたりしたものです。

1.棹物 (さおもの) の和菓子のー。あんに砂糖を入れて蒸し、あるいは寒天液を加えて練ったもの。蒸し羊羹・練り羊羹・水羊羹など。
2.「羊羹色 (ようかんいろ) 」「羊羹紙 (ようかんがみ) 」の略。

(出典:デジタル大辞泉(小学館)「ようかん【羊羹】」)

2.水羊羹:水分量の多い羊羹

一方水羊羹は以下のように定義されるもので、羊羹の中でも水分量の多い羊羹のことを言います。

寒天を煮溶かし、小豆あん・砂糖を加えて混ぜ、容器に流し込んで冷やし固めた、水分の多い夏向きのようかん。《季 夏》

(出典:デジタル大辞泉(小学館)「みずようかん【水羊羹】」)

\次のページで「羊羹は大きく3種類!その1つが水羊羹!」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: