現代社会

安倍晋三はなぜ長期政権を築けた?その原因や任期中の政策などを行政書士試験合格ライターが5分で解説!

よぉ、桜木建二だ。今回は安倍晋三について取り上げていくぞ。

一度政権を手放した彼が、なぜ二度目の総理在職時には長期政権となったのか、気になる人は多いだろう。

安倍晋三が長期政権を築けた理由や、任期中に取り組んだ政策などを、日本史に詳しいライターのタケルと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/タケル

資格取得マニアで、士業だけでなく介護職員初任者研修なども受講した経験あり。現在は幅広い知識を駆使してwebライターとして活動中。

第1次安倍晋三内閣

image by iStockphoto

まずは、短命に終わった第1次安倍内閣について簡単に振り返りましょう。

戦後生まれ初の内閣総理大臣

1993(平成5)年、安倍晋三は父・晋太郎の地盤であった山口1区から総選挙に出馬し初当選。2000(平成12)年に森喜朗内閣で内閣官房副長官、後任の小泉純一郎内閣でも内閣官房副長官を務めました。2003(平成15)年になり、自由民主党の幹事長に就任します。当時まだ40代、当選4回の衆議院議員としては異例の抜擢でした。

2005(平成17)年の第3次小泉改造内閣で官房長官として初入閣すると、翌2006(平成18)年の自民党総裁選に出馬。麻生太郎と谷垣禎一を大差で破り、第21代自民党総裁第90代内閣総理大臣に就任しました。戦後生まれとしては初めての総理が誕生したのです。

病気により1年で辞任

安倍晋三は、首相となってすぐに中国と韓国を外遊し、中国の胡錦濤国家主席と韓国の盧武鉉大統領と会談。小泉純一郎の靖国神社参拝で懸念を示していた2か国との関係改善に努めました。他にも、1947(昭和22)年の制定以来初となる教育基本法改正を実現させ、防衛庁を防衛省に格上げするなどが行われています。

しかし、2007(平成19)年7月の参議院選挙で、自民党は過半数を下回る敗北を喫しました。すると、安倍は自民党内からも総理辞任を促されるようになります。さらに、若い頃からの持病が悪化。職務を全うできないと感じた安倍は、9月になり突如辞任を表明し、その次の日に入院しました。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

安倍晋三の親族には政治家が多い。父の安倍晋太郎、弟の岸信夫(岸家に養子入り)だけではない。父方の祖父が元衆議院議員の安倍寛、母方の祖父は元首相の岸信介、その弟も元首相の佐藤栄作だ。しかし、安倍晋三には子供がいないので、彼の政界引退後は誰がその選挙区で出馬するのか注目になるであろう。

次のページを読む
1 2 3
Share: