雑学食べ物・飲み物

3分でわかる味噌汁と豚汁の違い!具材や作り方・地域による味噌や隠し味の違いなどを雑学好きライターが詳しくわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。この記事では味噌汁(みそ汁)と豚汁(とん汁)の違いについてみていくぞ。どちらも和食料理に出てきたり、栄養がたっぷり含まれていやりするイメージがあるよな。違いはずばり具材と作り方のようだが、地域によって味噌や隠し味が違うなど、調べてみるといろいろあるみたいだ。
今回はそんな和食料理に欠かせない汁物の違いを、定義から確認しつつ、雑学好きライターの熊家と一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/熊家

現在ライターとして、さまざまな分野で活動している。文学や歴史などのジャンルが得意で、これまで多くの記事を執筆してきた。この経験を生かし文学や歴史、雑学などの知識を分かりやすく解説していく。

ざっくり味噌汁と豚汁の違いは?

image by iStockphoto

味噌汁と豚汁の違いは、どのようなものなのでしょうか。出汁と味噌を使うので、見た目だけでなく、味つけも似た雰囲気ですね。違いをはっきりと説明するのが難しい二者ですが、どうやら具材と作り方に違いがあるようです。どのような違いがあるのか、はじめにざっくり紹介していきます。

味噌汁:日本料理における汁物の一つ

味噌汁は、日本料理における汁物の一つです。出汁を味噌で味つけし、具材として野菜・豆腐・麸・魚介類などを入れます。あっさりとした味わいで、定食には必ず付いてくる一品です。「味噌汁」以外に、「御味御付(おみおつけ)」とも呼ばれています。

豚汁:豚肉と野菜を煮込み味噌で調味

豚汁は豚肉と野菜を煮込み、味噌で調味した汁物です。豚肉が入っている具沢山の、味噌汁の一種になります。栄養価が高く、満腹感も得られるでしょう。汁物は付属と思われがちですが、豚汁は料理のメインにもなり得る一品です。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「豚汁は味噌汁の一種なのか」と疑問に思うかもしれない。味噌汁の一種だが、成り立ちには違いがある。室町時代、味噌汁を「おみお付け」と呼んでいた。味噌汁は、具材の少ないシンプルな汁物を指し、「おみお付け」は、具沢山で豪華な汁物という意味であったんだ。このことから、豚汁は「おみお付け」に含まれるだろう。

特徴1:具材の違いは?

image by iStockphoto

味噌汁と豚汁の具材の違いは「お肉が入っている」「具の量」など、なんとなくは分かります。ただし、具体的な具材の違いを、はっきりと説明できる方は少ないのではないでしょうか。この章では、味噌汁と豚汁の具材の違いをご紹介します。どのような違いがあるか、何を入れたら良いのか分かりますよ。

\次のページで「味噌汁:野菜類・きのこ類・貝類・魚介類・豆腐・ワカメ・卵」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: