暮らし雑学

3分で分かるハンドソープとボディソープの違い!目的が違う?!薬用の意味や有効成分、代用できるかなど専業主婦歴10年の筆者がわかりやすく解説

よぉ、桜木だ。この記事ではハンドソープとボディソープの違いについてみていくぞ。どちらも手や体を洗う、液体や泡のタイプのせっけんというイメージがあるよな。この2つは手や体を洗浄する際に使うものだが、違いはずばり洗浄以外の目的にあるようだ。その他にも薬用の意味や有効成分、代用はできるのかなど調べるといろいろとあるみたいだ。
今回は汚れや菌から身体を守るために必要なハンドソープとボディソープの違いを、手荒れを防ぐ方法も含めて確認しつつ、暮らし情報マニアのささき葵と一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ささき葵

暮らしや生活に関する情報マニアの、子ども3人を育てる専業主婦。暮らしに必要なアイテムは、徹底的に調べて比較することが大好きな主婦ライターです。

ハンドソープとボディソープは目的が違う

image by iStockphoto

日常生活での手洗いや、お風呂で体を洗う時に使うハンドソープとボディソープ。手と体に分かれていますが、同じ体を洗う石鹸なのにどうして区別されているのでしょうか?そこには洗浄する以外の目的の違いがあるのです。

ハンドソープは手を洗って殺菌する

ハンドソープとはその名の通り手を洗浄するための石鹸です。ハンドソープとして販売されている場合、固形よりも液体か泡で出てくるタイプのものがほとんど。

日常的に外から帰ってきた時や料理の前などに手を洗浄するためと、菌やウイルスが付着しやすい手を殺菌する目的があります。

ボディソープは体を洗って保湿する

ボディソープはそのままの意味の体を洗うための石鹸です。こちらもボディソープとして販売されている場合、ハンドソープと同様に液体か泡で出てくるタイプが主流。

主にお風呂で顔や頭以外の体を洗浄するためと、手に比べて菌がつきにくい体には強い殺菌成分は必要がなく、その代わりに保湿成分によって体のバリア機能を保ってくれます

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

ハンドソープは手を洗浄するだけではなく殺菌する目的が、ボディソープは体を洗浄するだけではなく保湿する目的があるんだな。同じ洗うものでも体の部分によって目的が違うということだ。

ハンドソープとボディソープの薬用とは?

image by iStockphoto

市販されているハンドソープやボディソープには、「薬用」と書かれているものをよく見ますよね?なんとなく薬用とつく方が成分がいいのかなと感じますが、実際はどんな意味があるのでしょう。

\次のページで「薬用とは有効成分が配合された医薬部外品」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: