理科生き物・植物生物雑学

愛玩動物の定義とは?意味や家畜との違いとペットの歴史を獣医学部卒ライターがわかりやすく解説!

よぉ、桜木健二だ。今回は愛玩動物について解説するぞ。愛玩動物とは一般的にペットのことを指す。言い換えれば、「人間の生活に彩を与えるために飼われている動物」のことだ。ペット文化の始まりは、人間が動物を家畜として飼っていた時代に由来する。人間が一番最初に家畜化した動物は犬だと言われている。猫はその後、穀物倉庫のネズミを駆除するために人間に飼われるようになった。また、近年では愛玩動物やペットという呼び方ではなく、伴侶動物やコンパニオンアニマルという新たな呼び方をする人も増えてきている。今回はそんな、愛玩動物が誕生するまでの歴史や、新たな愛玩動物に対する考え方について、学生時代、獣医学部で動物のことを学んだ犬好きライターみんちと学んでいこう。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/みんち

学生時代、獣医学部で動物の知識を学んだ。趣味は動物園巡り。ライターとして、初心者にもわかりやすく、質のある情報を提供できるよう、日々奮闘中。

愛玩動物とはペットのこと!

image by iStockphoto

愛玩動物の定義とは?

愛玩動物とは、可愛い仕草で癒されたり、美しい姿で観賞したりするなど、人々の生活を豊かにするために飼育される動物のことです。昔からイヌやネコ、小鳥、キンギョなどが愛玩動物として人間に飼われています。つまり、家でペットとして飼われている動物全般のことを指しますね。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

最近ではエキゾチックアニマルといって、ハリネズミやフクロモモンガ、爬虫類などの動物を飼っている家も増えているぞ。

愛玩動物とペットの使い分けは場面による

愛玩動物とはペットとも言い換えられます。両者の間に特に違いはなく、一般的にはペットと言われることが多いですね。ペットという言葉を日本語に変換したものが愛玩動物と言われます。愛玩動物ときくと堅い言葉のイメージがありますが、資格や社団法人では愛玩動物という言葉が使われることが多いんですよ。このように「愛玩動物」と「ペット」という呼び方の違いはは場面によって使い分けられることが多いです。

愛玩動物と家畜の違いは有用性があるかどうか

愛玩動物と家畜の違いは有用性があるかどうか

image by Study-Z編集部

愛玩動物と家畜の違いはずばり、人間にとって有用性があるかどうか家畜は人間の生活に役立てるための動物のこと。例えば牧場で飼育されている牛や豚などは、人間がミルクを飲んだりお肉を食べたりするために飼育されている動物ですよね?動物の生産物を人が利用するために繁殖させられたり、飼育されている動物のことを家畜、または産業動物ともいいます。

\次のページで「愛玩動物は家畜から始まった」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: