IT・プログラミング雑学

シャットダウンと再起動の違いは保存されるデータ!それぞれの意味やメリット・デメリットについて元プログラマーのライターがわかりやすく解説!

よぉ、桜木建二だ。この記事では「シャットダウン」と「再起動」の違いについてみていくぞ。どちらもパソコンを終了する時の動作で、再起動はシャットダウンの後にもう一度電源を入れる動作というイメージがあるよな。違いはずばり「保存されるデータ」のようだが、設定を変更することで保存する内容を揃えることも可能なようだ。今回はそんな「シャットダウン」と「再起動」について、メリットやデメリット、設定の変更方法について元プログラマーのライターSadaieと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/Sadaie

プログラマー、ヘルプデスク経験者。パソコン関係以外では文学、歴史が好き。それらの知識をわかりやすいかたちで配信したいと考えている。雑学大好き。

シャットダウンと再起動の動きが違うのはWindows8から

image by iStockphoto

まず初めに、今回お話する内容は全てWindows10についてのものになります。

再起動の動作がシャットダウン後に電源を再度入れる動作とイコールではなくなったのはWindows8から。

Winodows7以前は同様の動作だったのですが、シャットダウン側の機能に新機能が追加されたことで差が出来ました。

その機能こそ後述する、「高速スタートアップ機能」。

シャットダウンと再起動の違いは「高速モード」にあり!

image by iStockphoto

高速スタートアップ機能(高速モード)とは、文字通り起動時間を高速化する技術のこと。

高速モードはシャットダウン前のPCの状態を保持します。例えば、マウスやキーボードなどのデバイスの接続情報をファイルとして保管することで、次回起動時にはそのファイルを読み込むことで起動時間を短縮するわけですね。

Windows8や10のシャットダウンには、この機能がデフォルトで設定されています。

高速モードを使用する「シャットダウン」

高速モードを使用するのがシャットダウン。正常にPCを終了するときの動作になりますね。

あまり意識されることはありませんが、シャットダウン時のデータを残すことで、次回のパソコンの起動時間を短くしてくれています。

高速モードを使用しない「再起動」

再起動は「完全シャットダウン」を行ったあとに起動する動作のこと。

「完全シャットダウン」とは高速モードは使用しないシャットダウンのことで、シャットダウン前の設定情報を保持しません。そのため、シャットダウンよりも起動までに時間が必要になりますね。

ちなみに、「完全シャットダウン」はシャットダウン選択時にShiftキーを同時に押すことでも行えます。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

以上のような違いがある訳だが、シャットダウンの設定を変更し、再起動と同様の電源OFF操作にすることも可能だ。操作方法は、まず「コントロールパネル」のメニューに移動し、「電源オプション」、「電源の追加設定」、「電源ボタンの動作を選択する」と進み、「高速スタートアップ機能を有効にする」のチェックを外す。起動時間が長くなるだろうが、気になるほどではない場合、変更してみるのもいいだろう。

\次のページで「それぞれのメリットとデメリットとは」を解説!/

次のページを読む
1 2
Share: