文化・歴史雑学

蒙古襲来と元寇の違いって?日本が勝てた理由や両国のその後の動向について、歴史大好きライターがわかりやすく解説!

よぉ、桜木建二だ。この記事では蒙古襲来と元寇の違いについてみていくぞ。2つとも歴史の授業で習う鎌倉時代にモンゴルから侵略されそうになった出来事土というイメージがあるよな。違いはずばり「古い呼び方か、新しい呼び方か」みたいだが、この二つの意味自体には違いはなく、言い換えにすぎない。今回はそんな中世日本史でも稀有な対外国との戦である蒙古襲来と元寇について歴史大好きライターSadaieと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/Sadaie

プログラマー、ヘルプデスク経験者。パソコン関係以外では文学、歴史が好き。それらの知識をわかりやすいかたちで配信したいと考えている。雑学大好き。

蒙古襲来と元寇は同じもの

実は「蒙古襲来(読み方はもうこしゅうらい)」と「元寇(読み方はげんこう)」は同じもの。別の呼び方に過ぎません。

古くからある呼び方が「蒙古襲来」、後に誕生した呼び方が「元寇」なのです。

蒙古襲来は古来からある呼び方

Mōko Shūrai Ekotoba.jpg
筆者不明。竹崎季長自身は絵巻を注文しました。 – 蒙古襲来絵詞, パブリック・ドメイン, リンクによる

上に表示されている画像は蒙古襲来の様子を描いた「蒙古襲来絵詞(もうこしゅうらいえことば)」という絵巻物の一部。教科書に載っていたのを見たことはありませんか。

作成は1293年で、鎌倉時代後期の作品であり、国宝。

何が言いたいかというと、「蒙古襲来」は鎌倉時代当時からある呼称であるということです。

元寇は新しく誕生した呼び方

対して後発の呼び方である「元寇」について見ていきます。

元寇の「寇」という字には「外部から侵略してくる敵」という意味。

「元」とは蒙古襲来当時のモンゴルの呼称「大元大モンゴル国」から。

「元」という呼称は江戸時代になって、中国から「元史」などの書籍が輸入されたことにより、日本でも使用されるようになっていきました。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「寇」の字を使用するもので他に「倭寇(読み方はわこう)」っていう単語があるな。「倭」とは「日本」のことだ。元寇とは逆に、日本が朝鮮半島や大陸沿岸で行った略奪・海賊行為のことをさす。倭寇は鎌倉時代から存在していたが、重要なのはその先の室町時代の話だ。元が倒れ「明」となり、新生した中国との貿易は、倭寇の取り締まりを条件に行われた(日明貿易)。元寇という単語に関連する事柄として覚えておくといいだろう。

蒙古襲来と元寇は2回の侵略戦の総称

image by iStockphoto

蒙古襲来(元寇)は1度ではなく、2度に渡ります。それぞれ、「文永の役」、「弘安の役」と呼ばれますが、そもそも「元」とはどんな国で、なぜ日本に攻めてきたのかにを見ていきましょう。

\次のページで「元とはそもそもどんな国でなぜ日本に攻めてきたのか」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: