暮らし雑学

3分でわかる挙式と披露宴の違い!挙式のスタイルや披露宴の流れ・式に呼ぶ人の違いまでを雑学大好きライターが詳しくわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。この記事では挙式と披露宴の違いについてみていくぞ。「結婚式」とひとくくりにされがちな挙式と披露宴だが、実はその意味も内容も色々と違いがあるようだ。それぞれのスタイルや流れを知っておくことは、結婚する側はもちろん、参加する側にとっても重要だぞ。今回は2つの違いを定義から確認し、雑学大好き主婦ライターおかちづと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/おかちづ

美容部員・介護職・飲食店勤務を経てwebライターへ。美容と動物をこよなく愛する主婦ライター。今回は雑学好きの知識を活かし、挙式と披露宴の違いを詳しく解説する。

挙式と披露宴は別のもの!それぞれの定義を知ろう

image by iStockphoto

その違いが曖昧になりがちな「挙式」と「披露宴」ですが、実は全く別のものになります。結婚の誓いを立てる「挙式」と、新郎新婦をお披露目する場の「披露宴」。一般的にはこの2つを「結婚式」と呼びます。では挙式と披露宴について、それぞれ詳しく見ていきましょう。

挙式の意味とは結婚を誓いふたりで生きていく決意を示すこと

挙式の定義は、「神さまや参列者の前で結婚を誓う儀式」のことです。さまざまな挙式のスタイルがありますが、指輪交換や誓いの言葉を交わすなど、夫婦として人生を共にすることを誓い合います。また、両親への感謝を表すという意味も込められているのも特徴です。

披露宴の意味とは二人の結婚を知人にお披露目すること

披露宴の定義は、「二人の結婚をお世話になった方々にお披露目する場」のことです。お互いのパートナーを知ってもらい、お世話になった人に感謝の想いを伝える意味があります。参加してくれたゲストと一緒に食事をし、お祝いの宴を楽しむのが一般的です。ウェディングケーキ入刀両親への感謝の手紙など、いろいろな演出を取り入れ行われます。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

挙式と披露宴、それぞれの定義や意味の違いについては分ったな。しかし結婚するとなったら、どちらもやるのが決まりまのか?その疑問も掘り下げてみるぞ。

挙式と披露宴は両方しないとダメ!という決まりはない

日本で「結婚式」というと、挙式+披露宴の両方が一緒に行われることが多いです。挙式で両親への感謝と愛を誓い、披露宴で知人へのご紹介を兼ねて絆を深めるという流れが組まれていますが、絶対の決まりではありません。挙式のみ、披露宴のみを行うことはもちろん自由!また、挙式だけを先に行い、別日にお披露目のパーティーを行うことも可能です。

\次のページで「挙式のスタイルは大きく分けて4タイプ!」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: