資格・専門雑学

カラーコーディネーターと色彩検定の違いって?活かせる仕事、合格率、類似の検定について雑学大好きライターがわかりやすく解説!

光と色、色の分類と三属性、色彩心理、色彩調和、色彩効果、ファッション、インテリア、など。

以上のような色彩に関する基本的な事柄を理解している。

出典:色彩検定(受検案内・試験内容)※3級

色彩検定の特徴はファッション、インテリア分野に強い点と、商業的な目的ではなく色に関する広範な知識が問われる点が挙げられます。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

商業色が強く、出題範囲は狭く深いのがカラーコーディネーター検定試験。ファッション分野に強く、出題範囲は広く、浅いのが色彩検定と言えるだろう。カラーコーディネーター検定試験は受験方式の違いから、どこからでも受験できるのが利点だ。次は、それぞれの検定がどんな仕事で活かせるのかを見ていこう。

カラーコーディネーター検定と色彩検定はどんな仕事で活かせるのか?

image by iStockphoto

それぞれの検定はどの分野で活かせるのかが異なります。なぜなら、上で説明したように出題内容にそれぞれの特色があるからです

具体的な職種について見ていきましょう。

カラーコーディネーター検定は様々な業界で活用できる

カラーコーディネーター検定は様々な分野で活用することが可能です。例えば、商品開発、広告宣伝、Webデザインなどが挙げられますね。

色彩検定はファッション業界で活用できる

ファッション、インテリア業界に強い色彩検定は販売員、ネイリスト、スタイリスト、インテリアコーディネーターなどが活かせる職種の候補として挙げられます。

また、色に関する幅広い知識が身に着く点から、日常のファッションも楽しくなりそうですね。

\次のページで「カラーコーディネーター検定と色彩検定 級ごとの難易度は」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: