この記事では「仏の光より金の光」について解説する。

端的に言えば仏の光より金の光の意味は「金銭にひかれがちな心のたとえ」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

塾講師を経験したナギセを呼んです。一緒に「仏の光より金の光」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/ナギセ

塾講師経験のあるライター。もちろん国語も教えた経験あり。国語好きを生かし、楽しく解説する。

「仏の光より金の光」の意味や使い方まとめ

image by PIXTA / 74603654

それでは早速「仏の光より金の光」の意味や使い方を見ていきましょう。

「仏の光より金の光」の意味は?

「仏の光より金の光」には、次のような意味があります。

仏のありがたさよりも金銭の威力のほうが強い。人の心が金銭に引かれがちであることのたとえ。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「仏(ほとけ)の光より金(かね)の光」

なんともばちが当たりそうな慣用句ですよね。ただ、共感する方は多い慣用句ではないでしょうか。

「仏の光より金の光」の使い方・例文

「仏の光より金の光」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

何度神頼みしても状況は変わらなかった。しかしお金をかけたとたん風向きが変わりだした。仏の光より金の光だな。

神や仏に祈るより、お金をかけた方が効果があったという内容の例文です。人生、こういうことの方が多いのかもしれませんね。

\次のページで「「仏の光より金の光」の類義語は?違いは?」を解説!/

「仏の光より金の光」の類義語は?違いは?

image by PIXTA / 83014687

「仏の光より金の光」の類義語にはどのようなものがあるのでしょうか。早速見ていきましょう!

その1「地獄の沙汰も金次第」

地獄の裁判も金の力で有利になる、この世はすべて金の力で左右されるというたとえを表した慣用句です。「沙汰」とは裁決や裁判のことになります。ちなみに「沙」は「砂」、「汰」はより分けるという意味がありますよ。

1.仕事をするにあたって給料は大事だ。地獄の沙汰も金次第と言うしな。

2.「地獄の沙汰も金次第だ。何事においてもお金勘定はしっかりしろ。」

その2「金の光は阿弥陀ほど」

金銭の力が絶大であることのたとえです。金の威光は阿弥陀の霊力ほどもあるということからできました。ここの阿弥陀は阿弥陀仏のことで、衆生を救おうと誓いを立てた仏様のことです。

乞食だった自分が突然大金を手に入れると、一気に周りの対応が変わった。金の光は阿弥陀ほどだ。

その3「阿弥陀の光も金次第」

金の威光の大きさを表す慣用句です。阿弥陀の光は、阿弥陀如来のありがたいご利益のことを表します。仏様のご利益も賽銭の多寡によって決まるという意です。

阿弥陀の光も金次第というし、お布施を多めに包んでおこう。

その4「先立つものは金」

何をするにしても、まず必要なのは金であるということを表した表現です。何かを始めるときに必要になるもののことを先立つものと言います。現代では一般的に先立つものといえばお金のことを指しますよね。

1.収入が増え、前より気軽に旅行できるようになった。やはり先立つものは金だな。

2.先立つものは金だ。引っ越したいなら費用を貯めなければ。

\次のページで「その5「金が物言う」」を解説!/

その5「金が物言う」

金銭の威力が絶大であるというたとえになります。「物言う」というのは、言葉を口に出すということです。ただここでは、よい結果を生むのに効果があるという意味で使われています。

1.金が物言う時代だ。無駄な出費は減らして貯金しよう。

2.日本全国渡り歩いて苦労して技術を得たというのに、何の努力もしていない金持ちの彼の方が受け入れられた。金が物言うとはこのことか。

その6「銭ある時は鬼をも使う」

金さえあれば、どんな者でも思うままに使うことができるという金の力の大きいことのたとえです。

基本敵の頼みは引き受けない。ただ今回は金がもらえる。ずるい方法だがしかたない。銭ある時は鬼をも使うとは本当だな。

その7「銭あれば木仏も面を返す」

どんなに感情の冷ややかな性格の者であっても金のある方には顔を向けます。つまり金を前にしてなびかないものはいないというたとえです。木仏というのは、木彫りの仏像のことですが、ここでは感情の冷ややかな情愛の薄い人という意味で使われています。

亡くなった友人の手帳に自分のことが書いてあるらしい。読みたくて彼の兄に1週間ずっと頼み続けたが断られ、冷たい人だと思っていた。これならと今日お金を用意して向かったらあっさりと見せてくれた。まさに銭あれば木仏も面を返すだな。

「仏の光より金の光」の対義語は?

「仏の光より金の光」の対義語にはどのようなものがあるでしょうか。見ていきましょう!

「神頼み」

神に祈って加護を願うことです。よく使われますよね。

1.苦しい時の神頼みだ。

2.やれることはやった。あとは神頼みだな。

\次のページで「「仏の光より金の光」の英訳は?」を解説!/

「仏の光より金の光」の英訳は?

image by iStockphoto

「仏の光より金の光」の英訳にはどのようなものがあるのでしょうか。見ていきましょう!

その1「The shine of gold, rather than the radiance of the Buddha (is what people are more attracted to).」

shineは輝き、goldは金という意味です。rather than~は~よりよいという意味になります。radianceも輝きという意味で、Buddhaは仏陀のことを表しますから、仏の輝きよりもよい金の輝き、となるのです。

かっこの中は、attractが引き寄せる、ひきつけるという意味なので人々がよりひきつけられるものとなります。したがって、かっこの中も合わせると、「仏の輝きよりもよい金の輝きは、人々をよりひきつけるものです。」となりますよ。

その2「Money makes the mare (to) go.」

moneyはお金のことですね。「make 〇〇 動詞」で「〇〇に~させる」となります。ここではmareは雌馬のことなので、直訳すると「お金は(しぶとい)雌馬を歩かせる」となるのです。

馬もお金で動かせるという言い方がおもしろい表現ですね。

He cooperated with me though he is the tiresome. Because I gave him my money. This is money makes the mare (to) go.

(訳:面倒くさがり屋の彼だったが、お金を持っていったら協力してくれた。まさに仏の光より金の光だ。)

その3「Money is the key that opens all doors.」

keyは鍵、openは開ける、開くという意味、doorは扉、ドアのことです。そのため直訳すると、「お金はすべての扉を開く鍵だ。」となります。お金があれば、あらゆる道が切り開けるということですね。

その4「Money can buy anything.」

canはできる、buyは買う、anythingは肯定文の場合は、なんでもという意味になります。そこで「お金はなんでも買える」となるのです。

「仏の光より金の光」を使いこなそう

この記事では「仏の光より金の光」の意味・使い方・類語などを説明しました。真理とも言えそうな慣用句ですよね。人間が生きるうえでお金がいかに大事かが改めて感じさせられました。仏の光より金の光、皆さんもお金の勉強はしっかりしておいた方がいいかもしれませんね。

" /> 【慣用句】「仏の光より金の光」の意味や使い方は?例文や類語を元塾講師がわかりやすく解説! – Study-Z
国語言葉の意味

【慣用句】「仏の光より金の光」の意味や使い方は?例文や類語を元塾講師がわかりやすく解説!

この記事では「仏の光より金の光」について解説する。

端的に言えば仏の光より金の光の意味は「金銭にひかれがちな心のたとえ」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

塾講師を経験したナギセを呼んです。一緒に「仏の光より金の光」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/ナギセ

塾講師経験のあるライター。もちろん国語も教えた経験あり。国語好きを生かし、楽しく解説する。

「仏の光より金の光」の意味や使い方まとめ

image by PIXTA / 74603654

それでは早速「仏の光より金の光」の意味や使い方を見ていきましょう。

「仏の光より金の光」の意味は?

「仏の光より金の光」には、次のような意味があります。

仏のありがたさよりも金銭の威力のほうが強い。人の心が金銭に引かれがちであることのたとえ。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「仏(ほとけ)の光より金(かね)の光」

なんともばちが当たりそうな慣用句ですよね。ただ、共感する方は多い慣用句ではないでしょうか。

「仏の光より金の光」の使い方・例文

「仏の光より金の光」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

何度神頼みしても状況は変わらなかった。しかしお金をかけたとたん風向きが変わりだした。仏の光より金の光だな。

神や仏に祈るより、お金をかけた方が効果があったという内容の例文です。人生、こういうことの方が多いのかもしれませんね。

\次のページで「「仏の光より金の光」の類義語は?違いは?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: