化学理科

白金とはどんな物質?読み方や特徴、プラチナとの違いを理系ライターが詳しく解説!

よぉ、桜木建二だ。「白金」と聞いて何をイメージするだろうか。多くの人はジュエリーや装飾品をイメージするだろう。

「白金」はテストで出題されることは少ないが、とても重要な元素だ。
ジュエリーや装飾品としてのイメージが強いが、それ以外にも特に工業分野で重要な用途がある。それが「自動車の排ガス浄化システム」への利用や、環境に配慮した新しい自動車「燃料電池車」への利用だ。

今回は「白金」の特徴とどんなところで使われているのか、化学に詳しいリックと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字

ライター/リック

高校生で化学にハマり、大学院までずっと化学を勉強してきた化学オタク。今は化学メーカーで働きながら化学の楽しさを発信する。

ID: ↑パーツ内本文:60文字

白金ってどんな物質?

白金ってどんな物質?

image by Study-Z編集部

白金は原子番号78番、元素記号はPtと書き、第10族元素に分類されます。周期表の第3族から第11族の元素は遷移元素とも呼ばれていて、高校化学では扱うことが少ない金属元素です。遷移元素に分類される金属はとても複雑ですが、面白い反応をするものもたくさんあるんですよ!

白金(Pt)は英語で「プラチナ」と呼ばれ、単体は銀白色の金属として存在します。融点は1768℃、沸点は3825℃、酸に対して強い耐食性があるのが特徴で、比重は21.45とすべての元素の中で3番目に高いんです。

化学的にとても安定なので、金や銀と同じように宝飾品として扱われます。

白金(Pt)の使用用途は宝飾品だけではありません。工業用に使われることが多く、主に自動車の排ガス浄化装置や燃料電池の触媒に使われます。白金は触媒としての能力が高いので、化学を勉強すると、白金を触媒にして反応を進める論文も見かけますよ。

ID: ↑パーツ内本文:392文字

プラチナは日本語で「白金」と書きます。白金は英語にすると「ゴールドホワイト」ですよね。

実は、宝飾品で「ゴールドホワイト」というものが使われていますが、これは、金をベースにした合金で、白金とは別物です。ややこしいですが…

ID: ↑パーツ内本文:118文字
ID: ↑パーツ内本文:0文字
ID: ↑パーツ内本文:0文字

白金は「貴金属」であり「レアメタル」

image by iStockphoto

貴金属という言葉、聞いたことありませんか?「貴金属」は希少性が高く化合物を作りにくい金属の総称です。この条件を満たす金属は意外と少なく、金(Au)、銀(Ag)、白金(Pt)、パラジウム(Pd)、ロジウム(Rh)、イリジウム(Ir)、ルテニウム(Ru)、オスミウム(Os)、レニウム(Re)の9元素を一般的に貴金属元素と呼んでいるんです!

ここで疑問に思う方もいるかもしれませんが、「レアメタル」って聞いたことないですか?実は、「レアメタル」と「貴金属」は別モノなんです!稀少な金属であることは変わりませんが…

レアメタルは国際的に定義が定まっているわけではありませんが、埋蔵量が少なく稀少だが、現在工業用の需要があり、今後も需要の増加が予想される金属として、経済産業省が31種類の鉱物をレアメタルとして定義しています。白金(Pt)は「貴金属元素」にも「レアメタル」にも分類されているんです。とにかく稀少性が高く、工業的にも非常に重要な元素だということがわかりますね。

ID: ↑パーツ内本文:442文字
次のページを読む
1 2
Share: