今日は「パプリカとカラーピーマンの違い」を見ていきます。
スーパーでパプリカを見かけると、その鮮やかな色についつい食欲がそそられてしまうな。しかし、カラーピーマンと呼ばれるものもあり分かりづらい。この違いを答えられるヤツはいるか?違いを知ると料理の幅が広がるはずです。
今回は世界各国から食品の輸入を手掛ける現役商社マンMIYABIと一緒に解説していきます。

ライター/MIYABI

某大手商社の食品部門に勤務する現役営業ウーマン。食材の特性や組み合わせを考えプレゼンするのが仕事であり、その知識を家事にも活かしながら料理を楽しむのを日課としている。

パプリカとカラーピーマンの違いをズバリ!

image by iStockphoto

カラフルで食欲をそそる彩り野菜のパプリカ。赤や黄色やオレンジなどがあって、サラダに切って加えるだけでも、それだけでステキな一品に仕上がります。ですが、パプリカと似たものでカラーピーマンというものもありますね。一体何が違うのでしょうか?詳細を調べていきましょう。

パプリカはカラーピーマンの一種!

カラーピーマンとは、緑ではない色付きのピーマンを総称したものです。その中でも肉厚で大型な品種のものをパプリカと呼びます。つまり、「カラーピーマンの一種がパプリカ」ということなのです。

カラーピーマンは、「パプリカ」「ジャンボピーマン」「小型カラーピーマン」「トマトピーマン」「くさび型ピーマン」の5種に分類されます。そのうち私達が市場で見かけるのは主に最初の3種のみであり、この中でも最もよく食べられているのはパプリカです。だからこそ「カラーピーマンってパプリカのことでしょ?」と思われることが多いようですね。

パプリカってどんなもの?

パプリカはナス科トウガラシ属の植物。トウガラシはそもそも、パラぺーニョなどの辛みのあるものと、ししとうなどの辛くないものに分類されます。その辛くないもののうちの一部がパプリカです。実がなった最初は緑色をしていますが、熟していくとその度合いにより、黄色、オレンジ、赤へと色が変化します。ですが、なんと中には白や茶色、紫や黒になるものもあり、非常に色のバラエティに富んだ野菜です。

パプリカが日本で食べられるようになったのは最近

大ぶりで肉厚、甘くてジューシーなのが特徴で人気の野菜、パプリカ。しかし実は、日本での歴史はまだ浅く、パプリカがよく食べられるようになったのは1990年代に入ってからになります。パプリカはもともとハンガリーで栽培されていたものです。日本においては、1993年にオランダからの生鮮品輸入の解禁により流通量が増えて以降、その存在が人気となってきました。現在は日本国内でも少量栽培されているものの、国内消費量の9割は、オランダのみならず、韓国やニュージーランドといった国々からの輸入でまかなわれています。

\次のページで「「ピーマンとカラーピーマン」何が違う?」を解説!/

「ピーマンとカラーピーマン」何が違う?

image by iStockphoto

前章では、パプリカとカラーピーマンは別物ではなく、カラーピーマンの一部がパプリカであるということが分かりましたね。では、次に疑問に思うのが、ピーマンとカラーピーマンの違いでしょう。「カラー」と付くので色だけの違いなのでしょうか?

ピーマンが熟して色がつくとカラーピーマンになる!

ピーマンはナス科トウガラシ属の植物で、パプリカと同じ栽培品目に属します。ピーマンは私達の知る通り緑の実をつけますが、熟してくると色がついたピーマン、すなわちカラーピーマンになるのです。ピーマンは未成熟の緑色の段階で収穫し出荷されます。ですが、収穫せずにそのまま熟していくと、ピーマンの色は徐々に黄色、オレンジへと変化し、そしていよいよ完熟すると赤色になるのです。パプリカと似てますね。これがカラーピーマンの一種である「小型カラーピーマン」の正体なのでした。

赤ピーマンとパプリカは仲間だが別物

緑のピーマンが熟して赤くなったものは「赤ピーマン」と呼ばれます。これは、熟すことによってピーマンに含まれる「カプサンチン」という赤い色素が増えるからです。なお、このように熟した赤ピーマンは、緑のピーマンとは違うものとして分別して考え、カラーピーマンの一種としてパプリカの仲間として扱われます。とはいえ、パプリカの方が大型かつ肉厚な品種のため、赤ピーマンと色は似ていていますが別物なのです。

「パプリカとピーマン」違いを比較してみよう

image by iStockphoto

パプリカと赤ピーマンは同じくカラーピーマンに分類される仲間であることが分かりました。その特徴も非常に似ていますからね。では今度は、パプリカとピーマンについてあらゆる点から比較してみましょう。

味と食感を比較

青々しいのが特徴の緑のピーマン。熟す前に採れたものだけあって、苦みが立ちますね。対するパプリカは、完熟状態で収穫されたもの。よって、非常に甘みがあるのが特徴です。また、パプリカは肉厚でしゃきっとしつつも、しっかりと水分があるためジューシー。一方ピーマンは、組織がしっかりしているため若干固めで、噛むとシャキっとした食感をしっかりと感じますね。なお、パプリカは加熱すると柔らかくなってしまいます。ただし、ピーマンは加熱によって硬さがくずれることはほぼありませんので、炒め物などには最適ですね。

\次のページで「栄養素を比較」を解説!/

栄養素を比較

ピーマンは栄養価が高いことで知られる野菜です。特に、抗酸化作用があるビタミンCやβカロテンが非常に豊富に含まれており、100gあたりのビタミンCは76mg、βカロテン当量は400㎍となります。ところが、これが赤パプリカになると栄養価は2倍以上に増え、ビタミンCは170mg、βカロテン当量は1100㎍とさらに大きく跳ね上がるのです。ピーマンだけでもすごいですが、このように数値で見るといかにパプリカが優秀であるかが分かりますね。

断然ピーマンがおすすめな料理はコレ!

主婦にとって一番知りたいのは、「パプリカとピーマンは料理するときに代用は可能なの?」ということではないでしょうか。ですが、やはり苦みを活かした料理には断然ピーマンがおすすめ!様々な意見がありますが、敢えて言うならば、特にチンジャオロースやピザトーストなどは、あのシャキッとした食感と苦みがあってこそ。よって、これの料理には是非ともピーマンを使っていただきたいものです。パプリカを使うなら少量にとどめておき、色どりのアクセントになる程度にしておきましょう。

断然パプリカがおすすめな料理はコレ!

パプリカは炒めたり煮たりすると、とてもやわらかくなって甘みが増します。一方ピーマンは、組織がしっかりしているため加熱してもある程度の硬さは保たれ、また苦みもなくなることはありません。よって、パプリカがおすすめなのは文句なしでラタトゥイユ。また、スペイン料理の「エスカリバータ」として有名な焼き野菜のマリネなどもパプリカ一択です。オーブンでトロトロに焼けたパプリカの甘みといったら…もう、絶品です!要は、コトコト煮たりじっくり加熱したりするものは、ピーマンは使わずにパプリカでということですね。パプリカの甘さを引き出せると、野菜があまり好きではない人でも、その美味しさにきっとビックリすることでしょう!

特徴が分かるとそれぞれの味を引き立てられる!

ここまでパプリカとカラーピーマンの違いについて調べてきましたが、パプリカはカラーピーマンの一種であることが分かりました。また、ピーマンとカラーピーマンはもともとは同じピーマンで、熟す前に収穫されたものが緑のピーマン、熟してから収穫されたものがカラーピーマンでしたね。そして、そのカラーピーマンは熟す度合いによって、黄色やオレンジ、赤などと色が変わりました。

パプリカはピーマンに比べて甘みも栄養価もとても高いものです。ですが、料理の不向きがあります。よって、パプリカやピーマンそれぞれの特徴を把握することで、そのレシピに適したものをチョイスすることができるようになりますよ!

" /> 3分で分かるパプリカとカラーピーマンの違い!由来やピーマンとの分類、味や栄養素まで食品のプロがわかりやすく解説! – Study-Z
雑学食べ物・飲み物

3分で分かるパプリカとカラーピーマンの違い!由来やピーマンとの分類、味や栄養素まで食品のプロがわかりやすく解説!

今日は「パプリカとカラーピーマンの違い」を見ていきます。
スーパーでパプリカを見かけると、その鮮やかな色についつい食欲がそそられてしまうな。しかし、カラーピーマンと呼ばれるものもあり分かりづらい。この違いを答えられるヤツはいるか?違いを知ると料理の幅が広がるはずです。
今回は世界各国から食品の輸入を手掛ける現役商社マンMIYABIと一緒に解説していきます。

ライター/MIYABI

某大手商社の食品部門に勤務する現役営業ウーマン。食材の特性や組み合わせを考えプレゼンするのが仕事であり、その知識を家事にも活かしながら料理を楽しむのを日課としている。

パプリカとカラーピーマンの違いをズバリ!

image by iStockphoto

カラフルで食欲をそそる彩り野菜のパプリカ。赤や黄色やオレンジなどがあって、サラダに切って加えるだけでも、それだけでステキな一品に仕上がります。ですが、パプリカと似たものでカラーピーマンというものもありますね。一体何が違うのでしょうか?詳細を調べていきましょう。

パプリカはカラーピーマンの一種!

カラーピーマンとは、緑ではない色付きのピーマンを総称したものです。その中でも肉厚で大型な品種のものをパプリカと呼びます。つまり、「カラーピーマンの一種がパプリカ」ということなのです。

カラーピーマンは、「パプリカ」「ジャンボピーマン」「小型カラーピーマン」「トマトピーマン」「くさび型ピーマン」の5種に分類されます。そのうち私達が市場で見かけるのは主に最初の3種のみであり、この中でも最もよく食べられているのはパプリカです。だからこそ「カラーピーマンってパプリカのことでしょ?」と思われることが多いようですね。

パプリカってどんなもの?

パプリカはナス科トウガラシ属の植物。トウガラシはそもそも、パラぺーニョなどの辛みのあるものと、ししとうなどの辛くないものに分類されます。その辛くないもののうちの一部がパプリカです。実がなった最初は緑色をしていますが、熟していくとその度合いにより、黄色、オレンジ、赤へと色が変化します。ですが、なんと中には白や茶色、紫や黒になるものもあり、非常に色のバラエティに富んだ野菜です。

パプリカが日本で食べられるようになったのは最近

大ぶりで肉厚、甘くてジューシーなのが特徴で人気の野菜、パプリカ。しかし実は、日本での歴史はまだ浅く、パプリカがよく食べられるようになったのは1990年代に入ってからになります。パプリカはもともとハンガリーで栽培されていたものです。日本においては、1993年にオランダからの生鮮品輸入の解禁により流通量が増えて以降、その存在が人気となってきました。現在は日本国内でも少量栽培されているものの、国内消費量の9割は、オランダのみならず、韓国やニュージーランドといった国々からの輸入でまかなわれています。

\次のページで「「ピーマンとカラーピーマン」何が違う?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: