言葉雑学

座禅と瞑想の違いはその目的!やり方や効果、ヨガやマインドフルネスについて雑学大好きライターがわかりやすく解説!

この記事では「座禅」と「瞑想」の違いについてみていきます。どちらも座って行う精神統一の技法というイメージがあるよな。違いはずばり、その「目的」にある。悟りの境地を目指すのが座禅で、心身の疲労回復などを目指すのが瞑想です。ただし、瞑想はその技法によって目的は少し異なる。今回はそんな「座禅」と「瞑想」について、やり方や定義の違い、代表的な瞑想の技法として挙げられヨガ(ヨーガ)とマインドフルネスについて、雑学大好きのライターSadaieと一緒に解説していきます。

ライター/Sadaie

プログラマー、ヘルプデスク経験者。パソコン関係以外では文学、歴史が好き。それらの知識をわかりやすいかたちで配信したいと考えている。雑学大好き。

「座禅」と「瞑想」それぞれの定義

座って目を閉じ、姿勢を正し、呼吸を整えて行う精神統一を行う座禅と瞑想。いずれも日本で生まれた方法ではありません。

2つはどのような点が異なっているのでしょうか。

「座禅」は仏教における精神統一の修行法

座禅(坐禅とも)は鎌倉時代に中国から伝わった仏教の修行法のこと。

座禅は、あなたを取り巻くすべての現実から離れ、あるがままの「無我」の状態を目指し、その繰り返しの中で心を整理し、浄めていく方法のこと。

「瞑想」は「座禅」よりも曖昧で広義の言葉

「瞑想」はインド由来の精神統一の手法のこと。「瞑想」の定義は「座禅」のように明確ではなく、曖昧で広義なものになっています。

瞑想とは「目を閉じて何かに思いを巡らせ意識を集中すること」という説明が一般的です。しかし、「無心になってリラックスすること」などと説明されることもあり、その場合は「座禅」も「瞑想」に含まれることになりますね。

「座禅」と「瞑想」それぞれの目的

image by iStockphoto

座禅と瞑想の最大の違いは「明確な目的があるかないか」です。「目的」とは効能・メリットと言い換えることもできるでしょう。

「座禅」はその行為自体が目的

先にも述べたように、座禅とは雑念を取り払い、「悟り」の境地に近づくための修行。すなわち、座禅の目的とは座禅という行為・体験そのものなのです。

\次のページで「「瞑想」は心身の回復が目的」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: